2006年05月04日

seascape

20060429_0045a.JPG
撮影地:田原

撮影データ:SONY DSC-R1 4sec. f:16 ISO160 ND400使用

夕暮れの内海。穏やかな汐の流れ。
昼間の暖かさが去り、少しひんやりとした空気が、心地よい。
posted by Coju at 21:44| photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

田植えの季節

20060501_0014a.JPG
撮影地:鈴鹿

撮影データ:CANON IXY DIGITAL 50 1/500 f:7.1 ISO:AUTO

この時期、田んぼには水が張られていて、なんでもない田舎道が、いつもとちょっと違って見えてくる。
posted by Coju at 21:23| photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

記憶の中の風景

20060429_0022a.JPG
撮影地:豊橋

撮影データ:SONY DSC-R1 1/800 f:4.8 ISO160

アウト・フォーカスする風景。
どこかで見たような記憶が蘇る。
posted by Coju at 23:07| photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月30日

Sakura 2006

clip06sakura30.JPG


メイン・サイトK's tones photo gallery - Japanに「Sakura 2006」をアップしました。

毎年撮り続けている桜。
今年はアップが危ぶまれていましたが、結果的には、大阪、松山、宮島、岐阜と、撮影地も点数も多くなりました。

みなさんは、このモノクロームの「さくら」にどんな印象を持たれるでしょうか?
↓からダイレクトで飛べます。
それでは、ご覧下さい。

Sakura 2006
posted by Coju at 22:26| photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

マイケル・ケンナ写真展

clip0502dohoku06.JPG
撮影地:北海道

マイケル・ケンナの写真展が5月に東京で開催されます。
しかも、ツァイト・フォト・サロンと東京都写真美術館の2ヶ所で。
いずれも新作写真集「HOKKAIDO」を中心とした展示になるものと思われます。
今月発売されたアサヒ・カメラに彼のインタビュー記事が掲載されていて、その中で日本のことについて触れられていました。
なんでも彼は50歳の区切りに四国八十八ヶ所を巡ったとのこと。
また「冬の北海道は素晴らしい」ともコメントされていました。

「冬の北海道」は、僕の最も好きなテーマのひとつでもあり、新作の発表はちょっと複雑な気持です。
実際、僕のサイトの写真と全く同じ場所やアングルで撮影された作品が、彼のHPにアップされたりもしましたから・・・

まあ、これは以前ブログで、多くの方と議論したことでもあり、結論的には「自分は自分の作品を撮るしかない」となったわけですが、HPへの掲載が、公な発表の場として認められるかどうかを考えると、アマチュアには極めて不利な条件であるのも現実です。

ただ、なんだかんだ言っても、マイケル・ケンナは最も好きな写真家のひとりで、当然多くの影響を受けていますから、いつまで経っても「マイケル・ケンナ風」と言われる作風から脱皮しないと、自分の作品とは言えないのかもしれません。
(世界中で彼のフォロワーのような写真家が活躍しているのも事実ですが)

彼の写真展の詳細はこちら↓

『マイケル・ケンナの世界』ツァイト・フォト・サロン

マイケル・ケンナ展『IN JAPAN』東京都写真美術館
posted by Coju at 23:09| art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

マミヤよ、お前もか・・・

20060422_0196a.JPG
撮影地:岐阜

撮影データ:SONY DSC-R1 1/50 f:16 -1.3補正 ISO160

4月21日、マミヤが債務超過を理由に営業譲渡し、清算することを発表しました。
カメラメーカーが、またひとつ消えていきます。

マミヤと言えば、New Mamiya6は僕のメイン・カメラですから、スペアのボディを持っているとはいえ、今後のメンテナンスが心配です。
いっそのこと、3台目も買っておこうかな(^^;

他方では、ライカが世界初の直営店を22日、銀座にオープンしたというニュースもあります。
ライカの最大のお得意先である日本ですから、世界初の直営店が日本に出来たって不思議ではありませんが、急速に縮小しているフィルム・カメラ市場において、この時期に直営店を開くというのも、興味深い話です。
きっと、団塊の世代の退職期を狙っての戦略だと思いますが、お金と時間に余裕があれば、フィルムのマニュアル・カメラのような「スローカメラ」がいいでしょうから、ライカはそんな時代のニーズに、ある意味合っているのかもしれません。
・・・でも、銀座にはレモン社があるのに、直営店で、恐らく「定価」で買う人なんて、どのくらいいるんでしょうね?
posted by Coju at 22:12| camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

なんとか桜に・・・

20060422_0038a.JPG
撮影地:岐阜

撮影データ:SONY DSC-R1 15sec f:16 ISO160 ND400使用

ここ数年撮影していて、僕のひとつのテーマにもなっている桜。
しかし、今年は予期せぬ体調不良で桜の開花時期の撮影を逃し、もうダメかと思っていましたが、間に合いました。
ソメイヨシノは無理だったけど、枝垂桜がなんとか。
桜の時期が終わっていることもあり、見物客も少なくて、撮影には好都合という点もありました。
posted by Coju at 23:27| photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

紙ふうせん

DSC00318a.JPG
撮影地:京都

撮影データ:SONY DSC-R1 1/250 f:7.1 +0.7補正 ISO160

紙ふうせん 風に揺られて ふわふわと
posted by Coju at 22:50| photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

空に向かって

DSC00423a.JPG
撮影地:京都

撮影データ:SONY DSC-R1 1/15 f:2.8 -0.3補正 ISO400

空に向かって進んで行くようなエスカレーター。
posted by Coju at 22:43| photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

病院で2時間

DSC00851c.JPG
撮影地:大阪

撮影データ:SONY DSC-R1 8sec f:5.6 -0.3補正 ISO160

今日は仕事を休んで病院へ行きました。
それにしても、病院って、なんであんなに時間かかるんですかねえ。
実質クスリもらうだけなのに、2時間も待ちました。
あんな空気の悪いところに2時間もいたら、それだけで病気になりそう。

事務とかも人手ばっかりかかって・・・もっともっと効率化できるのに・・・と、つい仕事モードになってしまうのが怖い(^^;

診察は、喉をちょこっと見ただけ。
結局お決まりのというか、抗生物質、消炎剤、胃薬などを処方してもらうことに。
「抗生物質は何ですか?」と聞くと、セフェム系とのこと。
だいたいはペニシリン系が処方されていたんですが。
お医者さん曰く「これ扁桃炎の方にはよく処方してますよ」って。

↑の写真は内容とは全く関係ありません。
早く、お酒飲みたいなぁ・・・なんてね。
posted by Coju at 23:25| diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。