2006年04月23日

マミヤよ、お前もか・・・

20060422_0196a.JPG
撮影地:岐阜

撮影データ:SONY DSC-R1 1/50 f:16 -1.3補正 ISO160

4月21日、マミヤが債務超過を理由に営業譲渡し、清算することを発表しました。
カメラメーカーが、またひとつ消えていきます。

マミヤと言えば、New Mamiya6は僕のメイン・カメラですから、スペアのボディを持っているとはいえ、今後のメンテナンスが心配です。
いっそのこと、3台目も買っておこうかな(^^;

他方では、ライカが世界初の直営店を22日、銀座にオープンしたというニュースもあります。
ライカの最大のお得意先である日本ですから、世界初の直営店が日本に出来たって不思議ではありませんが、急速に縮小しているフィルム・カメラ市場において、この時期に直営店を開くというのも、興味深い話です。
きっと、団塊の世代の退職期を狙っての戦略だと思いますが、お金と時間に余裕があれば、フィルムのマニュアル・カメラのような「スローカメラ」がいいでしょうから、ライカはそんな時代のニーズに、ある意味合っているのかもしれません。
・・・でも、銀座にはレモン社があるのに、直営店で、恐らく「定価」で買う人なんて、どのくらいいるんでしょうね?
posted by Coju at 22:12| camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年02月11日

買ってしまった3

B000BHLSY4.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg



Sony Cyber-shot DSC-R1 / ソニー サイバーショット DSC-R1


ついに買っちゃいました「Sony DSC-R1」。
こうなったらほしいもの全部買っちゃおうって開き直ってます(^^;
なので、このカメラ用に4GBコンパクト・フラッシュも買おうと思ってます。

このカメラの購入は、僕の中で「デジタルへのシフト」を意味するものです。
「さらば銀塩」というと大袈裟かもしれませんが、フィルム・カメラは中判を除いてほとんど使わなくなるに違いありません。

何より現在でもほとんどの撮影はデジカメのIXYと6×6だからです。
いやぁほんと35mmのカメラって使わなくなりました。
やっぱりデジタル便利ですもんね。
それで画質が銀塩並み(以上?)になったら、当然デジタルに移行しますよねー。

このカメラを購入しようと思ったのは

1.ハッセルのような撮影感覚。ウエストレベルなら手ブレに強い。
  しかもミラーショックないし(^^)
2.なんてったってツァイスレンズ、しかも24mmからというのがポイント高い。
3.レンズ一体型なので、埃の心配しなくていい。
  使いもしない交換レンズ持っていかなくて済む(笑)

です。

逆にもうちょっと「こうだったらなあ」って思うことは

1.センサーをスクエアにしてほしい。
  せっかくツァイスなんだから、ソニーにはデジタル・ハッセルを目指してほしい。
  本家は値段が高すぎて、一般人は買えないんだもん。
  それにこのカメラは縦位置で撮影するのは「想定外」と思われるようなカタチ。
  だったらスクエアにして同じ構えで縦横選択できるようにしたらいいのでは。
2.もうちょっと軽量コンパクトになってほしい。
  これは気軽に持ち運べる、という大きさ、重さではない。
  でもツァイスレンズだったら限界あるか・・・
3.やっぱり手ブレ補正がほしい。
  「手ブレ補正は初心者向け」という、カメラ雑誌の評に流されないで。
  暗い状況での手持ち撮影領域の広がりの方がよっぽど大切だと思う。
4.もう少し最短撮影距離が短かったらいいのに。
  テレ側を削ってでもやってほしかった。
5.液晶がもう少し大きかったら。EVFなしでウエストレベル液晶だけでいい。

こんな感じですかねえ。
まあまだ実物が手元に来てないので、なんとも言えませんが。

いずれにしても、早く撮影したいです(^^)

posted by Coju at 19:59| camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

修理代高くないか?

IMG_4027a.JPG

今週、東京で仕事があったので、空き時間を使ってデジカメIXYの修理に、キャノンの東京QRセンターに行ってきました。

実は最近、画像に黒いしみのようなものが写るんです。
↑の写真を見ると、左側の真ん中より少し上とか、右側の上の方など、4ヵ所程度にしみのようなものが写っているのがわかるでしょうか?

最初はレンズの汚れかなあと思ってクリーニングしたんですが、しみはなくならない。
ワイドだとわからないんですが、テレ側だと、目立つ。

もともと買ったときからAFセンサーがおかしかったので、一緒に見てもらうことにしました。
QRセンターの「QR」とは「クイック・リペア」のことだと思うのですが、その場ですぐに直してもらえるようなので、ちょうど良かったです。

・・・が、修理見積りは部品代込みで「一律9,975円」とのこと。
どんな故障も「一律料金」というのも荒っぽいですが、新品で買っても30,000円ぐらいのカメラなのに、この修理代は高くないか?
思わず、修理するか新しいのを買うか迷ってしまいました。
まあ結局は修理することにしたんですが、なんとも納得がいかない。
AFセンサーを保証期間内に直さなかったのはこちらの怠慢だとしても、いずれにしても痛い出費です。

修理は「光学部ユニットをそっくり交換」ということでしたが、しみはどこについていたとか、何が原因かということは一切説明なし。というかそんなこといちいち調べるの面倒だからそっくり換えました、みたいな。
一眼レフじゃないんだから、どうしてしみがついたのかわからないと、対策が取れないじゃない。

それにしても、中が密閉されているのに、こういうトラブルがあるのは考え物です。
「埃が入らないから」という理由で、SonyのR1とか買おうと思ってたのに・・・
極寒の美瑛で撮影して症状に気が付いたので、もしかしたら、内部の結露などかもしれませんが。
posted by Coju at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

買ってしまった2

clip060121IMG_4117b.JPG
撮影地:琵琶湖

あぁ、同じ過ちを繰り返してしまいました・・・

またもヤフオク。
あれは封印しなければいけません。

せめてもの救いは、今回は「どうしても欲しいレンズ」「必要なレンズ」であるということだけです。

これで一通り揃ったから、「もう買わなくて良い」と思ったら大間違い!
買えば買うほど物欲は広がるもので、やれマガジンが欲しいだの、フードがほしいなどと、まさに「ハッセル地獄」に向かって一直線っていう感じです(苦笑)

で、今回買ったのは・・・

カール・ツァイス ディスタゴンCF50mmFLE

です。ガーン!

もうこうなったら、愛用のマミヤ6などには目もくれず、ハッセル一本で撮りまくってやる!
・・・なんて気合とは裏腹に、デジカメにも心揺さぶられています(^^;
posted by Coju at 23:26| Comment(7) | TrackBack(0) | camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

買ってしまった・・・

IMG_3907a.JPG

あぁ、買ってしまったっ!
衝動買いというか・・・ヤフオク見てたら、つい・・・
「入札金額低いな」「まあ、どのみち落ちないだろう」なんて思って・・・
そしたら、落ちちゃったんです。

あぁ、どうしよう!

ほんとは今、デジカメがすごくほしいんです。
Sony DSC-R1とか。
昨日今日とカメラのキタムラでセールやってて安かったんです。
落札してなければ、これを買ってたのに!

他にもGR-Dとか、やっぱりデジタル一眼もいいなとか、IXYも次のに買い換えようかなとか。

ハッセル500シリーズ生産終了のニュースを聞いて「今のうちにディスタゴン50mm手に入れておきたいなあ」なんて、ヤフオク見たんです。
そしたら、オークションに出てました。ディスタゴン。
でも、そんなに安くないんですよねー。中古カメラ屋の相場と比べて。

って思ってたら、相場より結構安いレンズが出てるじゃありませんか。
・・・で、つい入札しちゃったんです。

ああ・・・

そのレンズは、ほしいレンズではあるんだけど、「今すぐ必要か?」といえば「全く必要ない」レンズ。

しかも安いと言っても、諭吉×10以上。

ああ・・・

果たして、そのレンズは・・・




カール・ツァイス マクロ・プラナーCF120mm


と言います。ガーン!

まさに晴天の霹靂!
この写真のような空から地上に向かって飛び降りるような気分です・・・
posted by Coju at 18:56| Comment(5) | TrackBack(0) | camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

祝ニコンFマウントのツァイスレンズ発売!

IMG_3925a.JPG
撮影地:Hotel Drom

ニコンのフィルム・カメラ撤退が決まり、写真はもうデジタルしか残らないのかと残念しきりですが、そんな中で、なんとニコンFマウントのツァイスレンズが発売になるということを知りました。
実はこの情報は美瑛でのフォトセッション中にphotoseasonさんから教えてもらって、二人で大いに盛り上がりました。
だって、35mmカメラとしては、これって最強の組合せじゃありません?
作りがしっかりしていて、操作感も良くて、露出精度の高いニコンのカメラに、ツァイスのレンズが使えるんですよ。
考えただけでドキドキしちゃいます(^^;
あぁ、ニコン手放さなくて良かった!
ニコンにとっては、ものすごい販売促進になったりして。
デジタル一眼も、これで一気にニコンの魅力が高まりますね〜。
それに、ニコンの古いMFカメラにもツァイスが付けられるなんて、夢のような話です。
photoseasonさんは「F2でも買おうかなぁ」なんて言ってました(^^)
とにかく発売が待ち遠しい!
もうすぐツァイスのHPに正式なステイトメントが載るようです。

ただ一方で、ハッセルブラッドの500シリーズも生産終了だそうです。
6×6で写真を撮るということが、どんどん難しくなっていきますね。
レンズはどのみち高くて何本も買えないかもしれないけど、なんとかディスタゴン50mmくらいは手に入れておきたい!

ただ、世の中デジタルに移行するのは必然としても、あの空気感はあれだけ大きなフォーマットだからこそできるもの。
だから手頃な中判デジタルを発売してほしいですね〜。
6×6は無理にしても、4×4ぐらいのサイズでいいから、スクエア・フォーマットのデジカメ。
あるいはスクエアに切り替えられる、というのでも、この際可。
それでツァイスレンズが使える、あるいはツァイスレンズ一体型でレンズ性能を極める。
リコーかコシナあたりが出してくれないかなあ・・・

ところで↑の写真は北海道は赤井川にある、Hotel Dromで撮影したもの。
ここは、家具職人や作家として有名なアリス・ファーム代表の藤門弘さんがオーナーとして運営する拘りの宿。
北欧風の建物、家具やインテリア、食事や運営に至るまで、オーナーの強い意志が感じられる、素晴らしい宿でした。
posted by Coju at 23:39| Comment(2) | TrackBack(1) | camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月19日

GR DIGITALついに発売!

GR DIGITAL.jpg

キャーーーー!!!!
ついに出た!GRデジタル!
ほしいっ。ものすごくほしいっ。
やってくれましたね、リコーさん。えらいっ!
28mm相当のレンズは、アタッチメントをつけると21mmにも対応!外部ファインダー!
ひゃ〜800万画素。これはメモリー泣かせか(笑)

そして、なんと専用のブログまで!
↓こちら。

リコー公式ブログ GR BLOG
posted by Coju at 23:02| Comment(7) | TrackBack(0) | camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。