2006年03月12日

そうだ 京都、行こう。

060311kyoto 014a.jpg
撮影地:上賀茂神社

Sony DSC-R1のテスト撮影を行いに、琵琶湖に行ってきました。
昼頃草津に着き、また「なごやか亭」でお寿司を食べ(笑)、そこから湖岸道路(さざなみ街道)に出て、撮影開始。

だけど、この日は風が強くて、波が荒い。
静かな琵琶湖を撮りたいのに、これじゃあ厳しい。
それでもしばらくはガマンして撮影してたんだけど、だんだん耐えられなくなってきた。
この風で花粉も多量に飛んでいるらしく、目もしょぼしょぼしてきたし。
やっぱり春って、撮影きついですねー・・・

このまま近江八幡方面に移動しながら撮影するか、それとも別な場所にするか。
車に戻って地図を見ると・・・京都ってすぐ近くじゃん!
近江八幡に行くのも京都に行くのも距離同じぐらい。

「そうだ 京都、行こう。」

琵琶湖から近いというと、東山と洛北方面。
おっ、マイケル・ケンナも撮影していた上賀茂神社あるじゃん。
それにこの体についた花粉落としたいから、温泉は、と・・・
くらま温泉っていうのがあるな。
「よし、決まり!」

で、京都に。
いつも思うんだけど、滋賀って、結構渋滞するんですよねー。
距離は近いのに、それなりに時間かかって、上賀茂神社についたのは17時前。

上賀茂神社、いいですねー。
京都のこういうところって、とにかく観光客だらけってイメージがあるんだけど、ほとんど人いない。
だから凛とした空気が漂ってます。
ここでは円錐形の独特のフォルムを持つ立砂(たてずな)「細殿」を中心に撮影。

カメラの使用感について。
上の写真のようなローアングルは、R1は威力を発揮しますねー。
逆に、逆光のときは光学ファインダーがないから使いにくいですね。
EVFは撮影のモチベーションを著しく低下させるような代物だし。
輝度差が大きいと画面では全く確認できない。
それと、モノクロ・モードに設定しても、電源を切ると、設定が元に戻ってしまう。
なんで、こ・れ・だ・け、設定の「保持」ができないの?
これ、このカメラの最大の欠点かな。
それと、ピントはほとんど確認できませんねー。屋外では。
デジタルは被写界深度があるから、あまり気にしなくてもいいのかもしれないけど。
それと、グリッドラインは、ボタン一発でオンオフできるようにしてほしいですね。
水平出すのにちょっと使いたいんだけど、いつも表示されてたんじゃ目障りだし。
まあ、水準器つけるからいいけど・・・スクエア・フォーマットじゃないから、縦横変えたとき見難いんですよね、水準器。
また、ISO感度が160からっていうのが、ダメですね。
160って、ピンと来ないもん。
ISO100を用意しておくのって、当たり前でしょう。
ここらあたりが家電メーカーの考えることかな。
頭で考えてて、実際に撮影したことない、みたいな。
デフォルトが160でも構わないけど、なんで低感度使えるようにしてくれないのか。
三脚使用で、スローシャッター切りたいときだってあるじゃん。
ISOは50ぐらいまでは揃えてほしいですね。
とまあ、実際に撮影してみると、いろいろ不満点が出てきますね(^^;

撮影を終えて、くらま温泉へ。
加茂川沿いといい、鞍馬といい、雰囲気がいいですねー。
「さすが京都」って感じ。
旅行気分満点になります。
くらま温泉への道は叡山電鉄鞍馬線と平行して走っているんだけど、山あいで、良さげですねー。
一度乗ってみたいなあ、電車も。

くらま温泉は、露天風呂のみ。
大きな露天風呂かつ清潔なのはいいけど、日帰り入浴1,100円は高くないか?
内湯ないんだし。
しかもここ、循環風呂。
湯船に浸かると、塩素の匂いが、ぷ〜んと。
源泉の温度はわからないけど、加温、加水してもいいから、かけ流しにしてほしいなあ。
雰囲気の良いところだけに、残念です。

さて、今回は突然の京都となりましたが、京都いいですねー、雰囲気があって。
ウチから国道1号線をひた走ること2時間半。
これでこんな旅行気分を味わえるんだから、近いうちに、また行きたいです。
今度はR1一台だけ持って行って、手持ちで京都の街を撮影しようかな。
しかも今の時期は、観光客が最も少ないかもしれませんしね。
posted by Coju at 19:36| travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年09月14日

岐阜 長良川の鵜飼い

IMG_3064a.JPG
撮影地:岐阜

鵜飼いを観に行ってきました。
鵜飼いを観るのは初めてです。
夕方、川岸にある温泉旅館で温泉に入り、酒を飲み食事をして、その後浴衣姿のまま屋形船に乗り鵜飼いを観るという、豪華コース。
長良川は水も綺麗で、川を眺めながら温泉に入ったり酒を飲んだりするのは、もう最高。
それに浴衣姿で船に乗るので、とっても爽やかで気持ち良い。
束の間の贅沢を味わいました。

因みに、鵜匠というのは宮内庁所属の国家公務員だそうです。
なんでもこの鵜匠の仕事、年5ヶ月のみ、雨の日は中止で鵜飼いの時間は約1時間。
これで年収3〜4千万円という噂も。
民営化した方がいいのでは〜、小泉さん。
posted by Coju at 22:54| Comment(5) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月22日

襟裳岬

IMG_2119a.JPG

桜を追いかけて、また日高方面へ。
ただ今回、あまり桜は追わずに?(笑)、日高・十勝地方を周ることに主眼を置きました。
今回この地域を周ったことで、利尻・礼文という2島を除いて、ほぼ全道制覇!
なんちゃって(^^;

襟裳岬。初めて行きました。
お約束の森進一やベタな土産物屋なんかはしっかりありましたが、場所としては、とても素晴らしいところでした。

なにしろ海岸線が素敵です。
思わずスコットランドの海岸風景とダブってしまいました。
湿気もなく爽やかな天気で・・・これで横文字の看板とカフェがあれば、まるでヨーロッパ!

この地域は「〜何もない春〜」と、歌にもあるように?あまり観光資源が紹介されるところではないようですが、どうしてどうして、静かな海、きちんと手入れされたサラブレッドの牧場など、素晴らしい風景が広がっています。

襟裳岬・・・ここも「果ての風景」でした。
そういえば、「果て」って言うのは、大抵の場合、海があって、灯台があって、突き出た場所で・・・両側に海が広がるんですよね〜。
・・・やっぱり「果て」が好き(^^)

襟裳岬の駐車場にて。
車の中で地図を広げていると、おばさんが寄ってきて「今日の宿、決まってる?」って聞いてくるではありませんか!
宿の客引きなんて珍しいなあ・・・
ただ、この場所で声をかけられて泊まりたくなる人って、いるんだろうか?
日暮れ時だったらいるかも知れないけど・・・
posted by Coju at 21:23| Comment(2) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月15日

「桜」撮影行

IMG_1879a.JPG

ようやく札幌でも開花してきたので、桜の撮影をと、土日で出掛けました。

土曜は、市内の平岡公園へ。
ここは梅林が有名で、梅と桜がいっしょに咲くらしいのですが・・・
「ほ・と・ん・ど」咲いてない(^^;
おまけに風も強くて、寒い。
早々に退散して、月寒公園へ。
ここは3分咲といったところでしょうか。
まあ桜自体も、それほど多くありませんでした。

というわけで、この「空振り」をどこかで、取り返したい!
って思って、日曜は気合を入れることに。

まず、場所選び。
具体的な場所の知識はないので、とりあえず「桜名所」の中から「満開」の場所をチェックすると・・・
道南方面か、静内、帯広あたり。
道南はGWに行ったばっかりなのでパスして、「桜100選」にも選ばれている静内の「二十間道路の桜並木」を見にいくことに。

ただこの場所、桜のシーズンは大渋滞するとの事前情報があったので、混まない時間に撮影したい・・・すなわち早朝。
ということで、今日は2時に起きました(笑)

今日は、朝のうちは「曇り」という天気予報に反して雨。
しかも寒い。
気温はどんどん下がっていって、0℃近くまで。
もう5月も半ばっていうのに、なんでこんなに寒いの?
・・・と思ってたら、雨が雪に変わっていくではないですか!(^^;
マジ?北海道恐るべし。

現地に4時頃到着。
さすがにこの時間なら誰もいないだろう、という予想に反して、結構車停まってるじゃん!
みんな朝早いなあ(^^;
キャンピングカーやワンボックスで来て、泊まってる人も多いみたい。
北海道以外で、こんなに朝早くから、まして泊まってまで花見してる地域なんて、あるのかな?

ただ、「一言」言いたい。
泊まってる車、みんなエンジンかけっ放し。
寒いのはわかるけど、一晩中、排気ガス撒き散らす気か?
そんなやつらに、自然を楽しむ権利なんてないぞ!!!
宴会とかやって、ゴミ捨てて帰るやつも同じ。
持って帰れないなら、持って来るな!
アウトドアを楽しみたいなら、まずアウトドアに敬意を払うことから始めろ!
それができないなら、楽しむ資格なし!

・・・ああ、ちょっと過激になってしまった(^^;

で、この静内の「二十間道路の桜並木」。
正直言って、個人的には「ハズレ」。
確かに、真直ぐな道路がかなり長い距離、桜並木になっている、というのは、わかる。
ただ、桜がまばらで、あんまり綺麗じゃない。
距離の割りに、植わってる本数が少なすぎるのか、それとも枝振りが悪いのか。
それに道路幅が「二十間」あるから、桜が道路の両側から迫ってくる、ということはない。
また、ソメイヨシノじゃないから、地味。
これは、北海道は仕方ないのかもしれないけど。
でも「名所」を張るなら、「国立駅前の桜並木」ぐらいの華やかさがほしい。

ただ、最も残念なのは、美観を損ねる、看板類、ロープ、網などがあまりに多い。
雨が降っているから、ビニールシートはなかったけど。
桜の時期は、「車両通行禁止」「宴会禁止」「露店禁止」などにできないものだろうか?
「花見」って、桜を見て楽しむことだと思うんだけど、そうならない要素があり過ぎる。
「花見は酒を飲むもの」と言いたいかもしれないけど、江戸の昔じゃないんだから、酒が飲みたきゃ、ホテルのレストランで、中庭の桜を見ながら酒を飲む、ぐらいの洗練がほしい。
もしくは「宴会ゾーン」と「鑑賞ゾーン」をきちんとわけるとか。
全国には、それができてるところもあるんだから。

ということで、桜の撮影は諦めて、この地域のもうひとつの見所、サラブレッドの牧場狙いに切り替え(笑)
ただ、この雨と寒さで、撮影のモチベーションは上がらず、早々に切り上げて、9時半ぐらいには家に着きました。

北海道での桜撮影、とりあえずは玉砕です(^^;
この調子だと、今年は桜、無理かも。
posted by Coju at 15:39| Comment(6) | TrackBack(2) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月07日

道南旅行

IMG_1739a.JPG

昨日、道南旅行から帰ってきました。
春の訪れが遅く、桜はついに見れませんでしたが、温泉あり、グルメあり、それに奥尻島に渡ったりSLに乗ったり海底トンネルの駅に行ったりと、バラエティに富んだ楽しい旅となりました。

温泉はほぼ毎日入って・・・虎杖浜、八雲、濁川、上の湯、谷地頭、大船、貝取澗、いわないと8ヶ所、全て源泉かけ流し!
食べる方は、函館でラーメン、イカ、奥尻ではウニをはじめとする海鮮三昧、貝取澗でアワビ、各地で牧場の新鮮な牛乳から作ったアイスなど。
特に奥尻島の宿の食事は、もう最高でした!
今までかつて泊まった宿の中で最も美味しかったです。
山盛りのウニ。アワビやタコの刺身。ウニ、ツブ貝、ホッキ貝などの入った鍋!そして、またこの海鮮ダシが美味いのなんのって。
ほんとに「限界だあ〜!」っていうまで食べました(笑)

写真は、これまたベタですが函館山の夜景。
この夜景を見る人で、函館山はものすごい人でしたが、確かに一見の価値あります。
今まで見た夜景の中でも、相当良かったです。
また函館は洋館の多い港町で、とても雰囲気の良い街でした。
posted by Coju at 15:19| Comment(10) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月02日

丸駒温泉

IMG_0963a.JPG

今週毎晩遅かったので、今日はゆっくり温泉にでも浸かってリフレッシュしようと思って、支笏湖畔にある丸駒温泉に行ってみました。

家から車でジャスト1時間。
既に路面に雪はなく完全にドライ状態なので、峠道も難なく走れます。

この丸駒温泉の一軒宿、丸駒温泉旅館は改装してからさほど経っていないのか、とても清潔感漂う温泉でした。
お風呂も広くて、内湯が3つ、露天風呂が2つ。
お風呂からは支笏湖と恵庭岳が一望できる素晴らしい景観です。
また露天風呂の1つは「天然露天風呂」になっていて、湯が砂底から自然湧出してそれがなんと支笏湖につながっているという、なんとも野趣あふれる露天風呂。
露天風呂というより「池」ですね、これは(笑)。
この天然露天風呂は湯温がぬるめで、かなり長く入っていられます。
おかげで、すっかりリラックスすることができました。

写真は、今日撮ったものじゃなくて、上の内容とは全く関係ありません(笑)

冬の変わりやすい天気。ベンチは特等席でそれを鑑賞しているかのようです。
posted by Coju at 22:54| Comment(11) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

何が写っているか判りますか?

IMG_1052a.JPG

これ、なんだか判りますか?

ゴマフアザラシです。

稚内の南にある抜海という港で見つけました。

ゴロゴロ横たわっているものや、氷の間からヒョコヒョコ顔を出すもの、氷の上を滑っているものなど、なんとも可愛らしいです(^^)
posted by Coju at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

おだやかな風景

IMG_0987a.JPG

夏に名寄まで来ましたが、それより北は今回が初めてです。
旭川と稚内の中間ぐらいに、音威子府という町があります。
音威子府は昔、雑誌の旅行記で見て、行ってみたいなあと思っていたんですが、実際に来て見ると、晴れた天気ということもあって「厳しい冬の町」というより、のどかな感じがしました。
ここはお蕎麦も有名で、立ち寄った音威子府駅では、列車を待つ人の多くが「駅そば」を食べていました。
もちろん、僕も食べました(^^)
写真はその手前、美深付近の風景。
天気が良いと、こんな風におだやかな風景が現れます。
ただし、ここから先は地吹雪の警戒地域となります。
posted by Coju at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月27日

日本の最北へ

行ってきました、道北。
・・・素晴らしかった。天気にも恵まれました。
ピーカンでは嫌なところは薄曇になったり、島を見たいときはちゃんと晴れたり。
当初心配していた「地吹雪」にも遭うことなく、無事生還しました(笑)。
ただし、初めてスピンを喫しましたが(^^;
日本最北端の地、宗谷岬からはサハリンを、稚内では利尻・礼文両島を望み、名物の「たこしゃぶ」や「タラバガニ」を喰らいながらサハリン・ビールを飲み、抜海ではゴマフアザラシの大群と遭遇し、地球とは思えない壮大なスケールのサロベツ原野を駆り、羽幌では天売、焼尻島を望むという充実した2日間でした。
結局、金曜の晩は旭川で前泊したので、当然夕食は旭川ラーメンでした(笑)

IMG_0997a.JPG

で、写真はリクエストのあった?プラスチック・カンジキ「雪っ子ちゃん」。
こんな感じです。
履いている長靴は軽くて暖かくて、デザインもそこそこで?結構気に入ってます。
posted by Coju at 22:31| Comment(5) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月24日

スノーボール

IMG_0943a.JPG

小樽「雪あかりの路」にて、スノーボールを積み上げて作ったオブジェ。
中に灯されたキャンドルによってシルエットが浮かび上がって、なんとも不思議な雰囲気になります。
posted by Coju at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月23日

小樽のオルゴール

IMG_0854a.JPG

小樽は、オルゴールでも有名なところだそうです。
僕の入った「小樽オルゴール堂」は、手頃な土産物から高価なアンティークまでいろんな種類があって、見ていて飽きません。
またオルゴールもさることながら、ショーケースとして使われているアンティーク家具の数々にも大変惹かれるものがありました。
オルゴールの中では、僕は「からくり」ものがいいなあと思いましたが、近くにいた中国人観光客(香港?台湾?)も「それ」に興味があるらしく、食い入るように見た後、本当に熱心に店員に質問して、かなり高価なものでしたが、買い求めていました。

中国人と言えば、北海道は中国人観光客多いです。
なんでも北海道はアジア人にとって最も人気の観光地らしく、特に雪の降らないところに住んでいる人達は、この雪景色に感動するようです。
よく高速のSAなどで中国人観光客と出くわすのですが、冬の方がみな楽しそうにしてます。
彼らの笑顔が、他の季節のそれと明らかに違います。

写真は、オルゴール堂でミニチュアのメリーゴーラウンドを流し撮り!
ってブレブレになっちゃいましたが、この方が臨場感ある?(^^;
posted by Coju at 21:05| Comment(3) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月21日

雪あかりのトンネル

IMG_0942a.JPG

小樽「雪あかりの路」の手宮線会場は、廃線跡の散歩道ということで、一部線路も残っていました(どのくらい残っているかは不明)。
posted by Coju at 22:44| Comment(2) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月20日

小樽雪あかりの路

IMG_0881b.JPG

昨日行ってきました。
小樽ってちゃんと周るの初めてだったんですが「大したことない」という予想に反して、結構良かったです。
有名なオルゴールや、北一硝子を見るだけでも相当時間がかかりそうです。
今日の目的が「雪あかりの路」見るためということで、家を15:00に出たのが間違いでした(^^;
全く街を見切れません。
だから、お店などはまた次回行きたいと思います。

「雪あかりの路」は、小樽の道にキャンドルを灯すという冬のイベントで、大きく分けると運河会場と手宮線会場というのがあって、それに地域で独自にやっているものが加わります。

運河会場は写真のように、有名な小樽運河に「浮き玉」を浮かせるのと、運河沿いの道にキャンドルを灯します。
また手宮線会場というのは、廃線になった手宮線跡に沿ってキャンドルを灯すというものです。
要は、路にキャンドルのあかりを灯す、という大変シンプルなイベントなのですが、これが小樽の冬景色にマッチして、とても幻想的な風景になります。
ベタな「さっぽろ雪まつり」なんかより、こちらの方が断然いいです!

希望すれば、自らキャンドルを灯すこともできます。
紙コップに入ったキャンドルを購入するのですが、紙コップに願いを書いて火を灯すので、とてもロマンティックです。

小樽は「お寿司」でも有名な街ですが、お寿司屋さんを含め、飲食店以外の閉店が早いのがタマニキズです。
だから、夜のウィンドウ・ショッピングはできません。
18時ぐらいには、お店はみな閉まってしまいます。
小樽の悩みは、観光に来た人が泊まらずに札幌に戻ってしまうことらしいのですが、こんな営業時間では、そりゃ札幌に戻ってしまうのではないでしょうか?

で、夜は念願のラーメン「初代」にと行ったら、ここも閉店済。
なんで〜(怒)
「初代」には、これでもう3回も振られました・・・
posted by Coju at 17:52| Comment(1) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月18日

あったか網走

IMG_0685a.JPG

道東旅行で、網走では網走湖畔に泊まったんですが、ちょうどその目の前、つまり網走湖で「あったか網走」なるイベントをやっていました。
網走湖は全て凍っていて、その湖面に、数々のイルミネーションがちりばめられていて、とても素敵でした。
他にも、いろんなかまくらや氷の滑り台もあります。
アクティビティとしては、スノーモービルとかもあるみたいです。

た・だ・し、泊まった宿はいただけなかったなあ。
昭和40年代で止まったっていう雰囲気。
宿の古さもさることながら、体育館みたいな食堂で、かなりまずい飯を食わされました。
これではリピート客はない、と断言してもいいです。
流氷観光にあぐらをかいて、団体客ばかり呼んでるからこうなるんでしょうか?
この宿には、二度と泊まりません。
posted by Coju at 23:41| Comment(2) | TrackBack(1) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月30日

アイスドーム

アルファ・リゾート・トマムに行ってきました。
といってもスキーにじゃありません(^^;

トマムに今、夜になるとアイスドームという氷の国ができあがっているのです。

アイスドームというのは、他の雪祭りのオブジェなどとは基本的に作り方が違って、まず巨大なバルーンを膨らませて、その表面を水で覆って凍らせ、最後にバルーンの空気を抜いて取り出すというやり方です。
従って、一般的に見られる骨組みのようなものは一切ありません。
これもトマムという北海道の中でもかなり寒い地域だからできる芸当なのでしょう。

予想していたことですが、これはアルファ・リゾート・トマムの企画なので、地域の雪祭りと違って、洗練されています。
北海道は、何についても概ね洗練度が低いのが難点ですが、これならOK出せます。

この氷の国の中にはアイス・バーや氷の教会、氷の迷路もあって、素敵です。
アイス・バーでウォッカをキュッとやったのは、言うまでもありません(笑)

またトマムは、建築家・安藤忠雄氏の「水の教会」があることでも知られています。
今は雪で覆われていてちょっと期待はずれでしたが、新緑のころなどは素敵だろうなあと思いました。

宿泊はスキー場が一望できるここの超高層ホテルの32階。
部屋には大きな窓があって、しかも広い。
2食+アイスドームの入場券がついて一人1万円。
希望すれば、夕食をリフト券に変えることもできます。
泊まっている人は99%以上スキー客ですが、そんなこと気にしない気にしない(笑)

IMG_0500b.JPG
posted by Coju at 21:34| Comment(3) | TrackBack(1) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年12月26日

FIGARO japon ポルトガル特集

今月のフィガロ・ジャポンはポルトガル特集です。
リスボン散策や、ポルトガルの田舎町ということで、ポルトを拠点にブラガやヴィアナ・ド・カステロなどを紹介しています。

うーん、こういうのって、正直複雑な気持というか・・・
今まで知らなかった街の情報が手に入るという意味では嬉しいんですが、フィガロに載った場所って、日本人観光客が「激増」するんです。

以前に行ったリスボン近郊のアズレージョ(ポルトガルのタイル)の工房も、毎日日本人来るって言ってました。

僕の大好きなイベリア半島・・・スペインは、メジャーな観光国だから、この手の雑誌に載るのは仕方ないとしても、ポルトガルはそっとしておいてほしい(笑)
パラドールの特集なんかいくらやってもいいから、ポーサーダの特集だけはやらないでほしいと切に願います。

ヴィアナ・ド・カストロ
posted by Coju at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。