2005年10月02日

杉本博司:時間の終わり

写真家、杉本博司の初の回顧展「時間の終わり」が、六本木の森美術館で開催されています。

杉本博司は、NYを拠点に活動するファイン・アート・フォトグラフィの巨匠で、海外での評価の最も高い現代日本人写真家のひとりです。
というより、これほど世界の評価が高い日本の写真家って他にいないのではないでしょうか。
ニューヨーク近代美術館所蔵作家、メトロポリタン美術館、グッゲンハイム美術館、カルティエ財団など世界の著名美術館での個展開催と言えば、彼のすごさがどれほどのものかわかるでしょう。
ルイ・ヴィトン、カルティエ、エルメスなど、名だたる企業のコレクションにもなっていて、彼の作品には2,000万円ぐらいの値の付く作品もあるようです。

彼の作品はコンセプチュアル・アートで「seascapes」「Theaters」「Dioramas」「Architecture」などのシリーズがあります。

いま一番観たい写真展です。
8×10の大型カメラを使い、作品製作に途方もない時間と労力をかけ、気の遠くなるようなクオリティを追求している彼のオリジナル・プリント(額もオリジナル!)は、絶対に観ておかなければならないでしょう。
「seascapes」は過去に観たことがあるのですが、その他のシリーズも観れるし、展示にもものすごい拘りがあるようです。

僕の持っている彼の写真集は、88年にリブロポートから出た「SUGIMOTO」ですが、今回の回顧展を機に、新たに出版されたものがあります。

050054302X.01.LZZZZZZZ.jpg
Sugimoto: Conceptual Forms

3775716408.01._PE0_SCMZZZZZZZ_.jpg
Hiroshi Sugimoto

また2003年に↓も出版されています。
189102454X.01.LZZZZZZZ.jpg
Sugimoto: Architecture


杉本博司:時間の終わり

会期:2005年9月17日(土)− 2006年1月9日(月・祝)
会場:森美術館 東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53F
開館時間:月・水〜日10:00−22:00 火10:00−17:00
入館料:一般1,500円



posted by Coju at 23:24| Comment(4) | TrackBack(9) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。
TBありがとうございます。

2000万円って凄いですよね。
どの写真にそんな値段がついたのでしょう...

私は劇場シリーズが好きなのですが、もし、印刷が
きれいなお勧めの写真集があったらほしいなぁ...
と思います。
Posted by lysander at 2005年10月02日 23:39
TBありがとうございます!
K-FUNKさんのサイトで写真、拝見させていただきました。杉本氏の作品からインスピレーションをお受けになったというべきか、静岡の海の景色は1998年だからまさに同時進行的にこの世界観を追求されたのかなあ、と勝手に思い、感銘をうけました。
昔はモノクロ写真は冷たい感じがしてあまり好きではなかったのですが、今は逆にカラーよりも温かみや優しさを感じるのはなぜでしょう(トシですかね)。
また覗かせていただきます。
これからも素敵な写真を楽しみにしてます。
Posted by reikoyama at 2005年10月03日 05:51
>lysanderさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
ブログで紹介した写真集「Hiroshi Sugimoto」は、僕はまだ見ていませんが、相当良いみたいですよ。
あるサイトで売り出した、この写真集のスペシャル・ヴァージョンは既に売り切れてしまったようです。

>reikoyamaさん
はじめまして。コメントありがとうございます。
杉本氏をはじめ、特にコンセプチュアル・アートの人からすれば、僕なんて「なんちゃってアート」ですが、「N-ART」とか名付けたら、それっぽく聞こえたりして(爆)
Posted by K-FUNK at 2005年10月03日 22:48
杉本博司・久しぶりにワクワクさせられています。
Posted by 松橋俊夫 at 2006年05月27日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

杉本博司 時間の終わり(森美術館)
Excerpt: 学生の頃は映画が好きで、年に二百本とか観ていた年がある。子ど もの頃は体が弱く、空気の悪い映画館に行くなんてとんでもない、 というわけで映画鑑賞は禁じられていた。 映画館は行けない、午後九時からの映..
Weblog: 徒然と(美術と本と映画好き...)
Tracked: 2005-10-02 23:37

杉本博司展@森美術館
Excerpt: 先週の金曜日にmugさんと杉本博司展に行ってきた。 六本木ヒルズの森美術館で開催されている。 入場チケットを買うと、もれなく展望台50Fもいけるし、東京のミニチュアも見れる。 あまり、六本木ヒルズな..
Weblog: ....の密かな愉しみ
Tracked: 2005-10-29 09:53

「杉本博司 時間の終わり」、「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」
Excerpt: 「杉本博司 時間の終わり」 「レオナルド・ダ・ヴィンチ展」 六本木ヒルズ 森美術館 両展示会に行ってきました。ダ・ヴィンチ展のほうが人が多かったかな。 「杉本博司 時間の終わり」 ..
Weblog: ミチミチ
Tracked: 2005-11-11 17:13

杉本博司展
Excerpt: 先日、森美術館でやっている杉本博司展を見てきた。う〜ん、なんと言うのだろうか、表現が難しい。写真は、時間を切り取り、定着させるものと思ってきた。杉本氏の写真も、もちろんそうなのだが、あえて、時間の..
Weblog: oikos
Tracked: 2005-11-22 19:01

杉本博司 時間の終わり
Excerpt: 杉本博司展に行って来ました! 良かったよぉ。
Weblog: ねっこ。
Tracked: 2005-11-25 23:33

六本木ヒルズに行ってきました,そして森美術館の杉本博司展
Excerpt: 今週末初めて六本木ヒルズなる新名所に行ってきました。確かにモダンな外観の立派なビル・ショップ群ですが"内装の板金加工の質が悪いなぁ"等と思いながら御のぼりさんの散策をしました。 森ビルと朝日放送の間..
Weblog: 流転: Return to Forever
Tracked: 2005-12-06 02:19

杉本博司〜時間の終り@森美術館
Excerpt: 六本木ヒルズはお正月1日からやっている都内でも唯一の繁華街です。ひまつぶしもあって、昨年多くの評論家が絶賛していた「杉本博司〜時間の終り」を見にいってきました。 国際的に注目されているアーティス..
Weblog: 本の装丁・ウェブデザイン、死ぬまで作るか?!渋谷ウインバレー
Tracked: 2006-01-05 17:13

杉本博司展 時間の終わり
Excerpt: 杉本博司展 あまりに、評判が良いので、終了前日に行って来ました。 説明的だったり、イベント的であったり、妙に楽天的だったり・・・・・ そんな事では無く、根源的なアートを探求した姿を、..
Weblog: 日々これケセラセラ
Tracked: 2006-01-10 16:06

建築家、吉村さん夫妻とキムチ鍋&酒諸々パーティでした
Excerpt: 過日、友人である建築家の吉村さん(妹島事務所で「金沢21世紀美術館」を担当)の家
Weblog: あさぴーのおいしい独り言
Tracked: 2006-01-26 08:04
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。