2005年07月24日

イサムノグチ

clip0410moerenuma03a.JPG
撮影地:モエレ沼公園

今日NHKの「新日曜美術館」で彫刻家イサムノグチの特集をやっていました。

イサムノグチと言えば、なんといっても彼の最後で最大の作品、「モエレ沼公園」が僕の心にズッシリと残っています。

「モエレ沼公園」は札幌市内にある巨大な公園で、公園全体がアートであり、彼の作品です。
僕は、こんなに洗練された公園は今まで見たことがなかったですし、ここは僕の、札幌で最も好きな場所のひとつです。
壮大なスケールで長い年月をかけ建設され、この7月1日にようやく完成しました。
ちょうど転勤で、完成後を見ることはできませんでしたが、またぜひ行ってみたい場所です。


posted by Coju at 21:44| Comment(4) | TrackBack(2) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僭越ながら、関連エントリ2件をTBさせて頂きました。
Posted by さすらい at 2005年07月24日 23:51
イサムノグチ。

そこらの凡日本人よりも、よっぽど日本を分かっている国際人。その重要なひとりだよね。
まえに、あれもたしか日曜美術館じゃなかったかな?
より作品重視の番組があって、時々録画を観てるよ。
カタツムリみたいな、石のカタマリ状滑り台とかね。

彼によるスタンドを長いこと使ってたけど
芸術作品っていうのは、機能を帯びてると断然イイ。

魯山人のとこに住んでたこともあるらしいけど、
その辺、つまり芸術と機能っていうあたりで双方悪からず感じるところがあったのかもね。
さきほど掲げた「日本わかってる」にも通ずるのだけれどもね。

そうそう、後転居落ち着いたようですな。
そこからは御在所山がみえるのでは?

またあそばう。
Posted by OOさん at 2005年07月25日 01:16
私も番組見ましたよー♪

モエレ沼公園のグランドオープンにも行きました。すんごい寒かったw 
そんな札幌は、ism的展開がなされている訳で、作品に触れる前に
ドウス昌代著の本を仕事の合間に必死で熟読しておりますw

この山、スキー場になるのでしょうかね。
Posted by PLUTO at 2005年07月25日 02:55
>さすらいさん
TBありがとうございました。
噴水のライトアップ、素敵ですね。
ああ、見たかった!

>OOさん
OOさんのイサムノグチに対する考察、極めて的を得ていますな。さすが。

四日市は、想像以上に田舎でした。
実際に住んでみないと、わからんもんですね。

>PLUTOさん
ドウス昌代さんの番組での解説、難しすぎてさっぱりわかりませんでした(^^;

モエレ山、雪の中を上まで歩いて上るのは大変そうですね。
Posted by K-FUNK at 2005年07月31日 22:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

地球を彫刻すること
Excerpt:  故イサム・ノグチ(1904-88)生誕101周年、今日から札幌市芸術の森美術館(南区常盤)でイサム・ノグチ展が始まった。  イサム・ノグチのアートには、“作品に自由に触れてもらい、使われることで完..
Weblog: 北海道どっと来夢
Tracked: 2005-07-24 23:45

Unidentified Flying Object?  
Excerpt: 2005年7月1日 午後8時 札幌市東区に現れた未確認飛行物体? “ソレ”は突如 水没した…
Weblog: 北海道どっと来夢
Tracked: 2005-07-24 23:48
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。