2005年04月24日

ゴッホ展

IMG_1484b.JPG

ゴッホは写真家になりたかったのではないか?というとんでもない仮説をぶち上げてしまいます(笑)
こうすると多くのゴッホ・ファンからお叱りを受けるかもしませんが。

・・・東京国立近代美術館で開催しているゴッホ展に行ってきました。
水曜から仕事で東京にいたんですが、金曜日、思ったより早く仕事が終わったので、夕方に観ました。

まず、「絵を観る」というより「人を観る」というぐらい混んでいました(^^;
平日なのに・・・美術館に入るのにすら並んで入る、という状況。
ちょうど「人体の不思議展」ぐらいの混み方かな(笑)
「東京恐るべし」です。

事前にNHKの「新日曜美術館」で予習していたのが役に立ちました。
というのも、ゴッホという画家は、感情の赴くままに絵筆を走らせて、激情的に描く画家というイメージがあったのですが、実際はかなり計算高く、緻密に、いろいろ新しい手法を実験したりしながら絵を描いていた、という論調であったからです。

実際に観てみると・・・展示の仕方かもしれませんが、とにかく「模写」が多い。
浮世絵を模写しまくったというのは知っていましたが、それ以外にもミレーの絵をはじめとして、様々な絵を模写しています。
それだけに、彼の研究熱心さがわかりました。
オリジナルの絵は、ほとんどないのではないかと思うぐらい、模写してます。
そうやっていろいろなテクを習得したり、他の作家の絵にインスパイアされたり、それらが融合することにより、ゴッホの画風が確立されていったのでしょう。

彼の絵を観ていると・・・印象派の画家の絵もそうですが・・・写真より写真らしい絵という印象を受けます。
あるときは広角で、あるときは望遠で切り取ったような構図、「種をまく人」のようにレンズのフレアを意識的に取り入れたような描写、逆光での人物のアンダーになり具合。
また、絞りをコントロールすることによって、対象を浮き上がらせたり、フォーカス・アウトさせたりするのを、絵で表現しているし。

・・・それに、この空気感!
日が燦々と照って、それが肌に伝わる暖かさ、日が落ちて、ひんやりと乾いた風が当たる心地よさ。
大好きな「夜のカフェテラス」では、足の裏に感じる石畳のゴツゴツ、夜のカフェの灯りの暖かさ、食事をする人たちの話し声や、カチャカチャと鳴る食器の音、運ばれてくる料理の匂いまで伝わってきます。
また、この「空気感」は写真でいう35mmの空気感ではなく、中判の空気感です。
もし彼の時代にハッセルブラッドがあったら、彼は写真を撮っていたのではないかと思うほど、ほんとに写真的な絵でした。

もうひとつ感じたのは、絵は「実物を観なければダメ」ということです。
印刷ではこの空気感は見事に消えてしまいます。
写真の場合、写真集などの印刷媒体でもそれなりに鑑賞できますが、絵は全く異なってしまって、感動が伝わりません。

彼の作品としてはアルル時代のものが個人的には一番ツボにはまりました。
それまでの暗めの絵から、一気に作風が明るくなり、また印象派の影響なども受けた画風です。
展示はゴッホの作品だけでなく、その周辺のものもありますが、モネの作品も数点展示してあって、好きな作風のものもありました。

僕自身は最近、写真よりも絵の方が勉強になることが多いです。
とにかく、この空気感の素晴らしさには打ちのめされます。
これを、写真で表現することこそが、僕の求めるものなのかもしれません。

・・・で、今日の写真(^^;
これは会場の近代美術館のテラスで撮影したものです。
これからゴッホ展に行かれる方は「ああ、こんな風に写るんだ」と確認してみて下さい(笑)

それと、ゴッホ展に行ったら、常設展示を観るのもお忘れなく。
東山魁夷の「道」や、近藤浩一路の作品も展示してあります。


posted by Coju at 23:36| Comment(21) | TrackBack(17) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
トラックバックありがとうございました。
間違って3回もトラックバックしてしまいました(泣)
お手数ですが重複した分を削除していただけますでしょうか。
どうもすみません!
これからもよろしくです!
Posted by チャカ at 2005年04月24日 23:51
こんばんは。
TBありがとうございました。

本物を観ないと分からないという感想
その通りだと思います。

「写真」という切り口で大変興味深く
書かれていらっしゃいますね。
参考になります。
Posted by Tak at 2005年04月25日 00:28
TBありがとうございました!
ごめんなさい、先ほど間違えて4月6日の記事にコメントをさせていただきました。重複してしまいますが、午後のアトリエさんの写真、素敵ですね。シンプルでシャープだったり、まろまろだったりして。美瑛の春?が好きです。

ゴッホのアルルからの絵がお好きだったようですが、アルルは本当に光が明るくて、食べ物もおいしくて、静かでいいところでしたよ!

また立ち寄らせていただきます。
Posted by 元外資セクレタリー at 2005年04月25日 10:03
素晴らしいTBありがとうございます。

「写真より写真らしい絵」マサにその通りですね。

ついでを言うと、K-FUNKさんの写真、「絵より絵らしい写真」と感じました。(photoを覗かせていただきました・・)
Posted by ken〆jeu at 2005年04月25日 13:23
確かに絵でも音楽でも実物に触れると大きな感動があると思います。

写真ですけど、
「2001年宇宙の旅」
のモノリスかと思いました。。

TBありがとうございました。

Posted by ma at 2005年04月26日 01:14
ゴッホ展で検索してたどり着きました。
写真がとても素敵っ!
わー、わー、わ〜。

4月22日(金)の夕方、
ワタシもゴッホ展の会場におりました。
凄い人でしたよねぇ。
でも、ゴッホ、見れてヨカッタ☆
Posted by tomie at 2005年04月26日 17:11
>チャカさん
こちらこそTBありがとうございます。
チャカさん、もしや「チャカ・カーン」のファンでは?

>Takさん
自分が写真をやっているせいで、視点がどうしてもそういう方に行くのかもしれませんね。
「評論」とは程遠い「戯言」ですが(^^;
まあ、こういう見方をする人もいるってことで、大目に見てやって下さい(笑)

>元外資セクレタリーさん
アルルに行かれたことがあるんですか?
いいですね〜。行ってみたいです。
GWが近付いてくると、旅行虫が顔を出してしまいます(笑)
写真も見ていただいて、ありがとうございます。

>ken〆jeuさん
似たような絵でも、本物とそうでないものとは、空気感が決定的に違う気がします。

写真見ていただいてありがとうございます(^^)
「絵よりも絵らしい写真」という、最高の誉め言葉までいただいて、恐縮です。

>maさん
「2001年〜」のアレは「モノリス」というんですか?
僕もあの象徴的なオブジェは好きで、これにもそういう雰囲気を感じたんです。

>tomieさん
同じ時に、同じところにいたんですね!
テラスで写真撮ってるやつ、見ませんでした?(笑)

写真も見ていただいて、ありがとうございます(^^)
Posted by K-FUNK at 2005年04月26日 22:33
TBありがとうございました☆

ええっ!?
あの、テラスで写真を撮っていた方だったんですかっ?
ナンテ。
流石にそこまでは。。。

でも、同じ時に同じ場所に居たなんて、
ちょっと楽しいですね。
次もまた何処かで
すれ違いましょう!!
Posted by tomie at 2005年04月27日 22:53
>tomieさん
偶然って、とっても面白いものですよね!
また是非すれ違いましょう(笑)
Posted by K-FUNK at 2005年04月28日 23:01
この写真、すごく好きです!
何か感じます。
なんだろう・・・ポール・オースターの小説を
思い起こすような気がします。
Posted by maki at 2005年05月07日 09:41
>makiさん
写真見ていただいてありがとうございます。
HPの方も、いろいろ写真ありますので、またお暇なときにでも遊びに来て下さい(^^)
Posted by K-FUNK at 2005年05月07日 14:26
TBさせていただきました。
開催も残り1週間で、とっても混んでいました。
やっぱり本物はいいですね。
Posted by uni at 2005年05月16日 00:58
>uniさん
会期中に間に合ってよかったですね(^^)
このあと、名古屋や大阪にも巡回するみたいですね。
混雑を避けるなら、名古屋が狙い目かも。
Posted by K-FUNK at 2005年05月16日 21:29
TBありがとうございました&こちらからもさせていただきました。
名古屋には損保ジャパンの「ひまわり」が出張するようですね。
常設展示のほうは、チケットはもらったのに時間がなくて見られませんでした。また改めて見に行ってみたいです。
Posted by tqlvdk at 2005年05月16日 22:13
>tqlvdkさん
美術館周辺はお散歩しても気持ちよいので、また行かれたらいいと思いますよ(^^)
Posted by K-FUNK at 2005年05月16日 22:29
明日ゴッホ展を観に行こうと思っています。
いろいろな情報が得られてよかったです。
Posted by chiaki at 2005年05月17日 22:06
>chiakiさん
ゴッホ展、行ったら感想聞かせて下さいね(^^)
Posted by K-FUNK at 2005年05月17日 23:31
本当に混んでますよね。
それでも行く甲斐のある展覧会だと思います。
常設展に入るとぐっと人が減るのがなんだか…
ですが。
Posted by 冬花 at 2005年05月25日 20:54
>冬花さん
良い絵は、離れて観たいですよねー。
いっそのこと、料金を3倍ぐらい取って、予約制みたいなのがあればいいのかもしれませんね。
Posted by K-FUNK at 2005年05月25日 23:05
K−FUNKさん、こんばんは。

明日、国立近代美術館で開催のゴッホ展、観に行ってきます。^^
絵を見ると心が洗われる気がします。
楽しみです!(^▽^)
Posted by tarami at 2005年07月02日 00:26
>taramiさん
まだやってます?
来週から名古屋での開催なので、また観にいこうかと思ってます。
東京では展示していなかった作品もあるようです。
Posted by K-FUNK at 2005年07月23日 20:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

「ゴッホ展」から神楽坂でおフランス気分
Excerpt: ゴッホ展に行ってきました。 世界最大級のゴッホ・コレクション「ファン・ゴッホ美術館」と「クレラー=ミュラー美術館」からゴッホ作品約40点。他に同時代の画家の作品約30点と、資料の数々が展示されて..
Weblog: こぐま倶楽部@Blog
Tracked: 2005-04-24 23:49

ゴッホ展―孤高の画家の原風景
Excerpt: 東京国立近代美術館で開催中の 「ゴッホ展」―孤高の画家の原風景ーに行って来ました。 もしかして、今日本で「印象派」を凌ぐ人気を博しているのが このフインセント・ファン・ゴッホかもしれ..
Weblog: 弐代目・青い日記帳
Tracked: 2005-04-25 00:26

ゴッホ展とお花見
Excerpt: 昨日はゴッホ展に行ってきました。 東西線の竹橋の駅を降りて東京国立近代美術館へ。 お堀端でかわいらしく満開の枝垂桜を通過して 美術館入り口へ着くと、開館15分前というのに もうすでにかなりの行列がで..
Weblog: 外資系セクレタリーのカイコ(解雇・回顧)日記
Tracked: 2005-04-25 10:04

ゴッホ展<東京国立近代美術館>
Excerpt: 3月27日(日)、ゴッホ展を見にいきました。 知名度の高い作家で、またメジャーな
Weblog: あきらの日記
Tracked: 2005-04-25 13:00

ゴッホ展
Excerpt: 東京国立近代美術館で開催中の ゴッホ展に行ってきました。
Weblog: ken〆jeu's feeling
Tracked: 2005-04-25 13:15

『ゴッホ展』
Excerpt: 力強いタッチと黄色の色彩が印象的だ。 有名な『ひまわり』(今回はないです)とか自画像から受けるイメージとか、自分の耳を切ったっていう話とか、ゴッホの人生と作品には何となく狂気と苦悩をイメージ..
Weblog: chaos(カオス)
Tracked: 2005-04-26 01:10

ゴッホ展
Excerpt: 先日、東京国立近代美術館にて行われている「ゴッホ展」に行ってまいりました。絵画に興味があったり、学があるわけではありませんが、以前生で見たゴッホの作品があまりにも強烈だったので、刺激を貰うべく足を運び..
Weblog: blockhead-navi
Tracked: 2005-04-26 01:14

ゴッホ展
Excerpt: ゴッホ展 孤高の画家の原風景 ゴッホ美術館/クレラー=ミュラー美術館所蔵 会場
Weblog: Pocket Warmer
Tracked: 2005-04-26 02:22

ゴッホ展−孤高の画家の原風景−
Excerpt: 彼と土曜日に九段下にある北の丸公園でデートしてきた。 北の丸公園といえば日本武道館があり、皇居があり、靖国神社のある所である。そしてこの時期は千鳥ヶ淵の桜は美しい。 予定では桜が満開中デート.....
Weblog: 美味しい生活
Tracked: 2005-04-26 09:26

ゴッホ展
Excerpt: 東京国立近代美術館でゴッホ展を見てきました。 人が多くて作品をゆっくりみることが出来なかったけれど、 いくつか気になるのだけをピックアップして見て来ました。 どれもとても色が綺麗。 青、黄緑、白み..
Weblog: 描くコト考えるコト
Tracked: 2005-04-27 10:43

ゴッホ展観覧記。
Excerpt: 竹橋の東京国立近代美術館で開催されているゴッホ展に行ってきました。 今回の展覧会は風景画を中心に、時代ごとにその変遷をたどるというコンセプトになっています。 面白かったのはゴッホの作品の隣にゴ..
Weblog: 灰色憂鬱日記。
Tracked: 2005-05-05 22:34

ゴッホ展@東京近代美術館
Excerpt: 会社終わって即行で東京駅→シャトルバスで国立近代美術館へ。 着いたのが7時。入館できたのが7時15分。閉館8時。 入ると人だかり。ようやく8時前後に少し見れるようになった。 ***感想など*..
Weblog: テキーラウォッカ
Tracked: 2005-05-14 00:22

ゴッホ展
Excerpt: 開催期間が残り少なくなって 慌てて ゴッホ展へ行ってきました。 東京駅からシャトルバスが出ているので、時刻表や割引券(100円引き)を会社でこっそり印刷して(f^^) お仕事も適当にすませてダッシュ..
Weblog: Over the moon.:*:・'°☆。.:*: :*:.。☆°'・:*::*:.☆
Tracked: 2005-05-16 00:54

ゴッホ展
Excerpt:  国立近代美術館で開催中のゴッホ展にようやく行って来ました。    木曜日の夜間公開(8時まで)に行ったのでさすがに入るまでに並ばされることはなかったけど、中は予想通りの大混雑。こんなに混んでい..
Weblog: bagdadcafe blog
Tracked: 2005-05-17 21:52

プルシャンブルー。くぐもる青−ゴッホ展に行って−
Excerpt: ゴッホの絵を「近代美術館」に見に行く。 と言ったら、「ゴッホの絵は近代絵画なのか?」と聞かれた。 確かに近代絵画というと抽象画やポップアートのイメージが強い人も多いですよね。 でも、..
Weblog: 新鮮空気
Tracked: 2005-05-25 20:50

ゴッホ展
Excerpt: ゴッホ展の最新情報をチェック!ad4();         ゴッホ展...
Weblog: [TW] HOTWORDS
Tracked: 2005-06-17 10:44

うねうねゴッホ展へ行ってきたよ。
Excerpt:  先日、大阪国立国際美術館で催されているゴッホ展に行ったん。そのレポを書こうと思うんな。ドレスデン鑑賞レポ同様、あんまし記憶してないのでぼろぼろな内容かと思うけど、読んでやってくれると嬉しいかもね。か..
Weblog: *青春の鼓動*
Tracked: 2005-07-02 21:18
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。