2005年04月17日

光の彫刻 田原桂一

札幌にいると、というか、東京以外にいて一番困るのは、観たいアートがなかなか観れない、ということです。

去年から今年にかけて、絶対観たかったのに結局観れなかったのは、庭園美術館でやっていた田原桂一の「光の彫刻展」でした。

田原さんは、写真というところから、その枠を超えて光そのものを捉えているところがすごいです。
写真を石板や布に焼いてみたり、さらにそれに光を当ててみたりとか、あるいは表現が写真を超えて光のオブジェだったり・・・こういう発想の広がり方、光に対するこだわり、光に対する敬意が素晴らしいです。

以前、教育テレビの「新日曜美術館」で氏の「ロダンの手」の製作過程を放映していましたが、それは恐ろしく手間隙のかかる、かつ失敗の許されない作業でした。
それを見て、安直に写真を撮ったりお気楽にアップしたりする自分と、姿勢も緊張感もまるで違うと痛切に反省したりもしました。
「製作に手間隙がかかっていればいい」というような単純なものではありません。
大事なのは、被写体、あるいは光の扱い方、観察の仕方はもちろんのこと、作品の意図が非常に明確であるということです。
すなわち、写真を撮るというのは作品を作る1つのプロセスでしかない、という考え方、ものの見方。
特にファイン・アート系の人達は、こういうことを重視する傾向がありますね。
とっても勉強になりました。

その田原さんの一連の作品をまとめた作品集(DVD付き)が出ているようです。
インスタレーションもDVDでカバーしているのが嬉しいですね。
しかもDVD2枚が付いて3,150円と非常にお得!
僕も早速買おうと思います。

4990229517.09.MZZZZZZZ.jpg
光の彫刻

ところで、いま観たいのは東京国立近代美術館でやってる「ゴッホ展」。
今週末東京に行くので、是非観てきたいと思います。
ただ・・・混んでるんだろうなあ・・・(^^;

ゴッホ展 孤高の画家の原風景


posted by Coju at 18:12| Comment(7) | TrackBack(7) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。TBありがとうございました。

>作品集(DVD付き)が出ているよう

私も書店の美術コーナーで良く見ます。
美術館で販売していたのと全く同じもののようですね。

>発想の広がり方、光に対するこだわり

これは本当に感心させられました。
光に着目した方はたくさんいらっしゃるのでしょうが、
ああいう形は田原さんだけなのでしょうか。
Posted by はろるど at 2005年04月17日 23:43
TBありがとうございます!
ブログで紹介していながら行きそびれてしまいました。。。
札幌といえば、モエレ沼公園行ってみたいです!
Posted by 7ntrdbl at 2005年04月19日 04:57
>はろるどさん
いろんな素材にプリントしたり、光を独自に捉えたりする作家さんはいますが、ああいう形で見たのは、僕は田原さんが初めてです。
「光」ということでいえば、それに特化したアーティストもいるみたいです。
以前、NHKの「未来への教室」という番組で観た事があるのですが、名前は忘れてしまいました(^^;

>7nttrdblさん
モエレ沼公園、素敵ですよー。
僕が札幌で最も好きな場所のひとつです。
イサムノグチ、すごいですねえ。
あれだけ広大なアートは、世界でも珍しいのでは?
Posted by K-FUNK at 2005年04月19日 22:06
TBありがとうございます。
札幌ほど遠くはありませんが、私の住むつくばでも東京に出るのは結構たいへんなので、選び抜いた展覧会にようやっと行くって感じです。ゴッホ展はもう行かれたのでしょうか。私は週末に行って大変な混雑でした。

さて、NHKの番組のアーティストは「ジェームズ・タレル」ではありませんか。
日本にもいくつか作品があって、直島にある「Backside of the Moon」は、本当にすばらしい作品でした。

最後になりましたがK-FUNKさんの写真作品、うつくしいですね。モニター上ではなく、ぜひオリジナル・プリントで観たい作品だと思いました。
Posted by m2co@tukuba日記 at 2005年04月28日 01:56
>m2co@tukuba日記さん
ゴッホ展行きました!
感想はブログに載せてますので、ぜひご覧下さい。

それと・・・ジェームズ・タレル!
そうですっ、まさにこの人!
教えていただいてありがとうございます。
彼の作品、是非観たいです。

写真も見ていただいてありがとうございます。
Posted by K-FUNK at 2005年04月28日 23:22
TBありがとうございます。
photo galleryのほうも見せていただきました。素敵な写真ですね。これからもたびたび遊びに来ます。
Posted by anastasha at 2005年04月30日 00:41
TB & コメントありがとうございます。
それに、写真も見ていただいて・・・

田原桂一さんの「光の庭」って恵庭市なんです。
札幌から近いので、今度見にいきたいと思ってます(^^)
Posted by K-FUNK at 2005年05月07日 14:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

庭園美術館景
Excerpt: 冬の、空が高くて澄んでる感じと、乾いた空気が頬をさす緊張感、 どこかで湿った雪の素がくすぶってる匂いが好きです。 いちばん好きな季節です。 冬晴れの休日、目黒の庭園美術館へ行きました。 ..
Weblog: ジブログ
Tracked: 2005-04-17 21:28

夜の庭園美術館景
Excerpt: 件の庭園美術館『田原桂一:光の彫刻展』を再訪しました。 彼の小景を夜に味わいたかった。 「石の彫刻」(大理石とプリズムを組み合わせた彫刻作品)夜景 再び【トルソー】シリー..
Weblog: ジブログ
Tracked: 2005-04-17 21:30

「田原桂一 光の彫刻」 特別展示「光の彫刻」インスタレーションを見る。
Excerpt: こんにちは。 先週見てきた田原桂一の展覧会ですが、今日は期間限定のインスタレーションを見てきました。 ピンぼけの酷い写真です。申し訳ありません。 実は、みなさまに少しでもわかりやすいよう..
Weblog: はろるど・わーど
Tracked: 2005-04-17 23:45

質感と存在と時間
Excerpt: 田原桂一「光の彫刻展」が目黒の庭園美術館でやっていて、それがとてつもなく良いとい
Weblog: hiddy@216
Tracked: 2005-04-20 02:23

ゴッホ展
Excerpt: 『ゴッホ展』を見に行った。先日開催されていた草間彌生展はあいにく見に行けなかったけれど今回は何としてでも行きたい展覧会だった。近代美術館に行くのははじめてだと思いこんでいたら竹橋駅から近代美術館に向か..
Weblog: 生きる喜び(ノーティ)
Tracked: 2005-04-24 23:43

光の絵
Excerpt: マティス展  国立西洋美術館 04/09/10-12/12 前回混雑と腹時計から流し観したので、もういちど。(同行者は3回目) むつかしい事をさらっとやってるように見えるのは、 そう見えるように..
Weblog: tukuba日記
Tracked: 2005-04-28 01:39

田原桂一「光の彫刻」
Excerpt: 東京都庭園美術館で開催中の田原桂一「光の彫刻」展では光に魅せられ、一貫してそれを表現し続ける作者の軌跡が展示されている。 もし彼の創作の原点が写真でなかったとしたら、一連の光に関する創作はありえなか..
Weblog: Art-Montage
Tracked: 2005-04-30 00:42
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。