2005年01月10日

冬の美瑛・富良野

美瑛、富良野に行ってきました。
あたり一面が真っ白なのは言うまでもありませんが、雪が降ると、空も道もみな真っ白になるので、車で丘を走ると、まるで空を飛んでいるかのような錯覚に陥ります。
この美瑛や富良野の真っ白な丘の美しさは、とても言葉では言い表せません。
幻想的で・・・
雪の中の風景は、美術館の白い壁にかけられた風景画を見るようでした。
この雪景色が見れるのなら、寒さなど、全く苦になりません。

美瑛1
posted by Coju at 14:20| Comment(5) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すげ〜よ、ふぁんきーさん。
すごい風景ですねー。
こんな場所が身近にあるなんて。
ファンヒーターのついてる部屋でコート着てる超寒がりなあたしには、
こんな場所にお目にかかれるのは夢のまた夢だわ。
Posted by meg@portable L at 2005年01月10日 19:01
ほんとすごいよねー。
ポストカード待ってます。笑

めぐりんはファンヒーターにコート?
私はホットカーペットにブランケットとジャンバー。

いかがですか。ファンキーさん。笑
Posted by at 2005年01月10日 21:25
撮影は、一番寒いときで−15℃ぐらいでした。
僕は6枚着ていたので寒さは大丈夫でしたよ。

でもって、一番活躍したのは長靴(笑)
これがあると、雪の中に、どんどん入っていけます(^^)
Posted by K-FUNK at 2005年01月10日 23:39
はじめましてK-FUNKさん
ichiさんのところで拝見しました。
とても美しいですね。
雪原では歩くスキーまたスノーシューを積んでおくと
何処でも行けますよ。
美しい風景また見にきます。
Posted by mako at 2005年01月12日 18:31
makoさんはじめまして。
コメントありがとうございます(^^)
歩くスキー、スノーシューって、どういうものですか?
カンジキ?
ほとんどのところは、雪の中を歩いていかなければ撮れないから、こういう器具って必要ですよね・・・
Posted by K-FUNK at 2005年01月13日 23:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。