2006年01月29日

銀色の輝き

IMG_4058a.JPG
撮影地:美瑛

霧氷の木々の後ろから強い日差しが差し込むと、銀色の世界が輝き出す。
posted by Coju at 20:38| photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月28日

修理代高くないか?

IMG_4027a.JPG

今週、東京で仕事があったので、空き時間を使ってデジカメIXYの修理に、キャノンの東京QRセンターに行ってきました。

実は最近、画像に黒いしみのようなものが写るんです。
↑の写真を見ると、左側の真ん中より少し上とか、右側の上の方など、4ヵ所程度にしみのようなものが写っているのがわかるでしょうか?

最初はレンズの汚れかなあと思ってクリーニングしたんですが、しみはなくならない。
ワイドだとわからないんですが、テレ側だと、目立つ。

もともと買ったときからAFセンサーがおかしかったので、一緒に見てもらうことにしました。
QRセンターの「QR」とは「クイック・リペア」のことだと思うのですが、その場ですぐに直してもらえるようなので、ちょうど良かったです。

・・・が、修理見積りは部品代込みで「一律9,975円」とのこと。
どんな故障も「一律料金」というのも荒っぽいですが、新品で買っても30,000円ぐらいのカメラなのに、この修理代は高くないか?
思わず、修理するか新しいのを買うか迷ってしまいました。
まあ結局は修理することにしたんですが、なんとも納得がいかない。
AFセンサーを保証期間内に直さなかったのはこちらの怠慢だとしても、いずれにしても痛い出費です。

修理は「光学部ユニットをそっくり交換」ということでしたが、しみはどこについていたとか、何が原因かということは一切説明なし。というかそんなこといちいち調べるの面倒だからそっくり換えました、みたいな。
一眼レフじゃないんだから、どうしてしみがついたのかわからないと、対策が取れないじゃない。

それにしても、中が密閉されているのに、こういうトラブルがあるのは考え物です。
「埃が入らないから」という理由で、SonyのR1とか買おうと思ってたのに・・・
極寒の美瑛で撮影して症状に気が付いたので、もしかしたら、内部の結露などかもしれませんが。
posted by Coju at 20:46| Comment(2) | TrackBack(0) | camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

買ってしまった2

clip060121IMG_4117b.JPG
撮影地:琵琶湖

あぁ、同じ過ちを繰り返してしまいました・・・

またもヤフオク。
あれは封印しなければいけません。

せめてもの救いは、今回は「どうしても欲しいレンズ」「必要なレンズ」であるということだけです。

これで一通り揃ったから、「もう買わなくて良い」と思ったら大間違い!
買えば買うほど物欲は広がるもので、やれマガジンが欲しいだの、フードがほしいなどと、まさに「ハッセル地獄」に向かって一直線っていう感じです(苦笑)

で、今回買ったのは・・・

カール・ツァイス ディスタゴンCF50mmFLE

です。ガーン!

もうこうなったら、愛用のマミヤ6などには目もくれず、ハッセル一本で撮りまくってやる!
・・・なんて気合とは裏腹に、デジカメにも心揺さぶられています(^^;
posted by Coju at 23:26| Comment(7) | TrackBack(0) | camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

枯れ蓮

clip060121IMG_4134.JPG
撮影地:琵琶湖

枯れ蓮というのは、その茎が湖面に映って面白い模様になります。
写真の被写体としては割とポピュラーなのでしょうが、見るとやはり撮りたくなるものです。
過去に枯れ蓮をテーマにした素晴らしい写真(アンセル・アダムスだったか?)を見たことがありますが、なるほどモノトーンに良く合うモチーフですね。
posted by Coju at 21:38| Comment(5) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月21日

なごやか亭

IMG_4113d.JPG
撮影地:琵琶湖

先日入手したマクロ・プラナーの試し撮りに、琵琶湖に行ってきました。

実は、北海道でお気に入りだった回転寿司の「なごやか亭」が、なぜか草津市にあるとの情報を得たので、お寿司を食べに行きがてら撮影をしようと(笑)

「なごやか亭」は、釧路が発祥の回転寿司屋さんで、ネタが新鮮で美味しいのと、シャリの味付けが甘くなくて、札幌では近所にあったことからよく行ってたんです。
だって「回らない寿司」より美味しいんだもん。

草津の「なごやか亭」は、昼時を過ぎていたのにもかかわらず、大変繁盛していました。
シチュエーションのせいなのか北海道の店ほどの感動はありませんでしたが、いずれにせよ懐かしく、美味しくいただくことができました(^^)

さて撮影の方は、家を出たのが遅かったのと、お寿司食べていたので(笑)、時間がほとんど取れませんでしたが、なんとか1本だけこなしました。
天気は雪の予報だったので、雪景色を期待して長靴なんかも用意していったんですが、全く降らずでした(^^;

因みに↑の写真はマクロ・プラナーではなく、いつものIXYです。
posted by Coju at 23:36| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月15日

買ってしまった・・・

IMG_3907a.JPG

あぁ、買ってしまったっ!
衝動買いというか・・・ヤフオク見てたら、つい・・・
「入札金額低いな」「まあ、どのみち落ちないだろう」なんて思って・・・
そしたら、落ちちゃったんです。

あぁ、どうしよう!

ほんとは今、デジカメがすごくほしいんです。
Sony DSC-R1とか。
昨日今日とカメラのキタムラでセールやってて安かったんです。
落札してなければ、これを買ってたのに!

他にもGR-Dとか、やっぱりデジタル一眼もいいなとか、IXYも次のに買い換えようかなとか。

ハッセル500シリーズ生産終了のニュースを聞いて「今のうちにディスタゴン50mm手に入れておきたいなあ」なんて、ヤフオク見たんです。
そしたら、オークションに出てました。ディスタゴン。
でも、そんなに安くないんですよねー。中古カメラ屋の相場と比べて。

って思ってたら、相場より結構安いレンズが出てるじゃありませんか。
・・・で、つい入札しちゃったんです。

ああ・・・

そのレンズは、ほしいレンズではあるんだけど、「今すぐ必要か?」といえば「全く必要ない」レンズ。

しかも安いと言っても、諭吉×10以上。

ああ・・・

果たして、そのレンズは・・・




カール・ツァイス マクロ・プラナーCF120mm


と言います。ガーン!

まさに晴天の霹靂!
この写真のような空から地上に向かって飛び降りるような気分です・・・
posted by Coju at 18:56| Comment(5) | TrackBack(0) | camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月14日

祝ニコンFマウントのツァイスレンズ発売!

IMG_3925a.JPG
撮影地:Hotel Drom

ニコンのフィルム・カメラ撤退が決まり、写真はもうデジタルしか残らないのかと残念しきりですが、そんな中で、なんとニコンFマウントのツァイスレンズが発売になるということを知りました。
実はこの情報は美瑛でのフォトセッション中にphotoseasonさんから教えてもらって、二人で大いに盛り上がりました。
だって、35mmカメラとしては、これって最強の組合せじゃありません?
作りがしっかりしていて、操作感も良くて、露出精度の高いニコンのカメラに、ツァイスのレンズが使えるんですよ。
考えただけでドキドキしちゃいます(^^;
あぁ、ニコン手放さなくて良かった!
ニコンにとっては、ものすごい販売促進になったりして。
デジタル一眼も、これで一気にニコンの魅力が高まりますね〜。
それに、ニコンの古いMFカメラにもツァイスが付けられるなんて、夢のような話です。
photoseasonさんは「F2でも買おうかなぁ」なんて言ってました(^^)
とにかく発売が待ち遠しい!
もうすぐツァイスのHPに正式なステイトメントが載るようです。

ただ一方で、ハッセルブラッドの500シリーズも生産終了だそうです。
6×6で写真を撮るということが、どんどん難しくなっていきますね。
レンズはどのみち高くて何本も買えないかもしれないけど、なんとかディスタゴン50mmくらいは手に入れておきたい!

ただ、世の中デジタルに移行するのは必然としても、あの空気感はあれだけ大きなフォーマットだからこそできるもの。
だから手頃な中判デジタルを発売してほしいですね〜。
6×6は無理にしても、4×4ぐらいのサイズでいいから、スクエア・フォーマットのデジカメ。
あるいはスクエアに切り替えられる、というのでも、この際可。
それでツァイスレンズが使える、あるいはツァイスレンズ一体型でレンズ性能を極める。
リコーかコシナあたりが出してくれないかなあ・・・

ところで↑の写真は北海道は赤井川にある、Hotel Dromで撮影したもの。
ここは、家具職人や作家として有名なアリス・ファーム代表の藤門弘さんがオーナーとして運営する拘りの宿。
北欧風の建物、家具やインテリア、食事や運営に至るまで、オーナーの強い意志が感じられる、素晴らしい宿でした。
posted by Coju at 23:39| Comment(2) | TrackBack(1) | camera | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月13日

霧氷

clip060110IMG_4020.JPG
撮影地:美瑛

真っ白な丘に立つ霧氷の木々。
美瑛の丘を走っていると、こういう光景を次々に目にします。
まるで広大な美術館に展示されたオブジェのよう。
posted by Coju at 22:14| Comment(3) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月11日

Photo session in Biei

IMG_4072a.JPG
撮影地:美瑛 IXY DIGITAL 50

写真の町、東川町在住の写真家photoseasonさんと美瑛でのフォトセッションが実現しました。
極寒のフォトセッションとなりましたが、おかげで真っ赤な朝焼け、霧氷、日がさが堪能できました。
photoseasonさんの操る某社超高級デジカメ、EOS20D、GR-D、コンタックス645に対し、こちらはマミヤ6、ハッセル500CM、GR-1、IXY DIGITAL 50で応戦(笑)。
もう、楽しいのなんのって(^^)
同世代のおっさんがコンパクト・デジカメ持って、並んでパチパチ撮るさまは、傍から見ればかなり異様に映っていたでしょうが(笑)、そんなことはお構い無しにどんどん撮り進みました。
↑の写真はphotoseasonさんと全く同じところで撮った、珍しい日がさの写真ですが、二人の個性の違いが出ていて面白いです。

photoseasonさん、今回は何から何までありがとうございました。
北海道また絶対行きます。
そのときは、第二弾やりましょうね(^^)
posted by Coju at 23:22| Comment(4) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

2006年初撮り

IMG_3898a.JPG
撮影地:諏訪湖

あけましておめでとうございます。
今年もK's tones photo galleryをよろしくお願いします。

さて、短い正月を利用して東京に帰りました。
同じ道を走るのが嫌なので、行きは東名高速で、帰りは中央高速。
東名って、静岡県が異様に長いですね〜。
どこまで行っても静岡県(笑)。
そもそも三河からあまり代わり映えしない風景。
富士山もガスって見えず、唯一、由比近辺で海が見れる程度。
結構辛かったです。

それに引き換え、中央の楽しいのなんの!
交通量も、たまたまかもしれませんが、東名より全然少ない。
景色も変化に富んでいて、何しろ途中から雪景色!
冬タイヤでないと通行できないから、交通量が少ないのかなあ、なんて。
諏訪湖が右手に見えてくると、なんと湖が凍っているではありませんか!
思わず、その先のインターで降りたのは言うまでもありません。
前日に東京で撮影はしたというものの、これも初撮りと言っていいでしょう。
それが雪景色なんだから、もう言うことなし。
ということで、こんな写真が撮れました。

雪景色といえば、北海道行ってきます!今週末。
四日市に来てからほとんど休みなく働いてきたので、自分へのご褒美?なんてね(笑)
美瑛でリンク先のphotoseasonさんと再会し、フォト・セッションを敢行予定!
楽しみ〜(^^)
posted by Coju at 23:13| Comment(9) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。