2005年12月10日

余白の芸術

広大なキャンヴァスに、ただ一点の筆跡。静寂の中に、ピーンと張り詰めた緊張感・・・
ただ今、横浜美術館において李禹煥(リ・ウファン):余白の芸術(LEE UFAN:THE ART OF MARGINS)が開催されています。

李禹煥は1936年韓国生まれ。現在は日本を拠点に創作活動を展開する現代作家です。
大きな石と鉄板が置いてあるだけの彫刻、キャンヴァスの一部にわずかな筆の跡があるだけの、ほとんどが「無」の絵画など、その作風は極めてシンプルです。
余白の芸術とは、彼にとって「作る」ことにおいて最小限でありながら、最大限の交感をもたらすこと。
言い換えれば「作らない」で「作る」こと。彼は、この難しいテーマに、30年以上も取り組んできたそうです。
だから、この「作る」部分が絶妙で、それによってお互いの関係性や、緊張感が見事に生まれています。

僕自身、写真においてシンプルな作画を好むので、こういう作家が好きになってしまうかもしれません。
また「余白」の世界は、日本人の価値観や精神性に相通じるものがあるので、スッと入っていけるのかもしれません。
ただ、李禹煥の作品からは、国や地域の匂いが不思議と感じられません。
そんなところも、また好感が持てるのですが・・・

この展覧会、12月23日までです。
期間中に横浜へは行けそうにないので、非常に残念です。
首都圏にお住まいの方は、ご覧になってはいかがでしょうか。
詳しくは「横浜美術館」のHPをご確認下さい。



posted by Coju at 17:40| Comment(6) | TrackBack(3) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。