2005年12月31日

今年一年ありがとうございました

clip050205IMG_0626.JPG
撮影地:美瑛

今年も、このサイトをご覧いただきありがとうございました。
来年もマイペースでやっていきますが(笑)、またお付き合いの程よろしくお願いします。
それでは良いお年を!
posted by Coju at 23:59| Comment(3) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月28日

海辺に立つ

IMG_3667a.JPG
撮影地:三重

三重県は海が近いので、たまにこういう風景に出会います。
誰もいない静かな海辺。
波の音を聞きながら景色を眺めていると、言いようのない穏やかな気持ちになれます。
冬の海ですが、この日は比較的穏やかな天気で、浜辺を歩いても寒さが気になりませんでした。
posted by Coju at 23:01| Comment(4) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月26日

冬の空

IMG_3762a.JPG
撮影地:四日市

いまにも雪の降り出しそうな、冬の空。
外に出るのをはばかる寒さと、風。
工場から出る煙が、そのまま雲へと溶け込んでいく。
posted by Coju at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月22日

大雪

IMG_3727a.JPG
撮影地:三重

今日はものすごい雪でした。
朝から降り始めた雪はあっという間に積りました。
普段あまり雪の降ることのないこの地方では、ノーマルタイヤで走る車が多くて、道路は大渋滞。
雪国を経験してスタッドレスが当たり前になっている目から見ると、あまりに無謀というか、驚くべき光景に映りました。

車について言えば、愛車アストラ君はFF車ですが、仕事で乗っている車はFR車。
やはりFFに比べると振られますね、FRは。
また自分がちゃんと走っていても、いつぶつけられるかわからないので、気をつけながら、今日は早々に家路に着きました。
posted by Coju at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月19日

雪景色

IMG_3722a.JPG
撮影地:三重

雪が降りました。
名古屋では58年ぶりの大雪だとか。
三重も雪景色となりました。
北海道を離れて、久々に雪を見ました。
雪が降るとワクワクする気持ちは、やはり一緒でした(^^)
posted by Coju at 23:41| Comment(3) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月11日

ガリシアへの想い

clip0405spainm02.JPG
撮影地:スペイン

ときどき旅のことを思い出します。
特に、スペインやポルトガルなどイベリア半島のことを。
僕の場合、仕事に疲れたとき、旅は仕事のモチベーションを上げるのに重要です。
これを目標に「もっとがんばらなきゃいけない」って。

去年、ポルトガルの北部からスペインのガリシア地方にかけて旅しました。
ガリシアは、巡礼で有名なサンティアゴ・デ・コンポステーラを除いて、あまり主だった観光地のない地域ですが、そんな場所だからこそ、誰も知らない素晴らしいところがあったりします。
写真は、そのガリシア地方に「密かに?」ある、砂丘。
こういう風景に出会う感動は、他の何ものにも代えられません。

札幌での生活を経験してから、北海道の素晴らしさの虜になっていますが、またいつかヨーロッパにも行きたいものです。
posted by Coju at 21:12| Comment(5) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月10日

余白の芸術

広大なキャンヴァスに、ただ一点の筆跡。静寂の中に、ピーンと張り詰めた緊張感・・・
ただ今、横浜美術館において李禹煥(リ・ウファン):余白の芸術(LEE UFAN:THE ART OF MARGINS)が開催されています。

李禹煥は1936年韓国生まれ。現在は日本を拠点に創作活動を展開する現代作家です。
大きな石と鉄板が置いてあるだけの彫刻、キャンヴァスの一部にわずかな筆の跡があるだけの、ほとんどが「無」の絵画など、その作風は極めてシンプルです。
余白の芸術とは、彼にとって「作る」ことにおいて最小限でありながら、最大限の交感をもたらすこと。
言い換えれば「作らない」で「作る」こと。彼は、この難しいテーマに、30年以上も取り組んできたそうです。
だから、この「作る」部分が絶妙で、それによってお互いの関係性や、緊張感が見事に生まれています。

僕自身、写真においてシンプルな作画を好むので、こういう作家が好きになってしまうかもしれません。
また「余白」の世界は、日本人の価値観や精神性に相通じるものがあるので、スッと入っていけるのかもしれません。
ただ、李禹煥の作品からは、国や地域の匂いが不思議と感じられません。
そんなところも、また好感が持てるのですが・・・

この展覧会、12月23日までです。
期間中に横浜へは行けそうにないので、非常に残念です。
首都圏にお住まいの方は、ご覧になってはいかがでしょうか。
詳しくは「横浜美術館」のHPをご確認下さい。

posted by Coju at 17:40| Comment(6) | TrackBack(3) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

宇宙旅行

cliplightshowIMG_3532.JPG

日帰り宇宙旅行1,100万円。7日間宇宙ステーション滞在22億円・・・
宇宙旅行って、いつの間にか現実味を帯びてきたんですね。
今日、テレビ東京系の「ガイアの夜明け」という番組で、宇宙旅行ビジネスを取り上げていました。
死ぬまでに「行ける価格」まで下がるかどうかわかりませんが、これって究極の「果て」ですから、「果て好き」の僕としては、人生の旅のクライマックスにぜひ実現したいものです。
posted by Coju at 23:51| Comment(3) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月04日

色のない風景

IMG_3654b.JPG
撮影地:滋賀

日が沈むと、辺りは色を失い、そして夜がやってくる。
posted by Coju at 22:33| Comment(2) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月03日

古い写真2

clipicec01.JPG
撮影地:アイスランド

この写真も、最初の頃載せてたと思います。
94年撮影ですから、もう10年以上前になるんですね。
時の経つのは早いものです。
posted by Coju at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

古い写真

clipsaihate.JPG
撮影地:ポルトガル

サイト開設当時の写真、見つかりました(^^;
この写真は、当時を知る人にはお馴染みの「最果て」っていうタイトルの、
ユーラシア大陸の最南西端で2000年に撮影したものです。
以前から「果て」が好きでしたが、これは僕の思い描く「果ての風景」に
近いものであったと記憶しています。
posted by Coju at 22:17| Comment(7) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。