2005年10月19日

死とはこんなに哀しいものなのか

IMG_3205a.JPG

仕事でとてもお世話になっている方が、亡くなった。
その人は、僕とは一回り以上違うのに、未だに現役でサッカーをやっていて、日曜日の試合中、突然倒れ、そして帰らぬ人となった。
第一報を受けたときも、死に顔を見たときも、そして葬儀が終わった今でも、その事実が信じられない。

葬儀は、自分のできうる限りのお手伝いをさせていただいた。
お通夜も告別式も、式場のキャパシティをはるかに超える大勢の方々が、式場の周りを埋め尽くした。

涙が止まらなかった。
もし神様がいるなら、なぜこんなことをするのかと言いたかった。
人生とは、こうも理不尽なものなのかと言いたかった。

あれだけ家族思いだった人が。あれだけ仕事もサッカーも一生懸命だった人が。
死ぬのが早すぎるよぉ。

それでも人生はつづく。
こんなに辛くても、こんなに哀しくても人生はつづく。
自分にできることがあるとすれば、その人の意思を受け継いで、いい仕事をしていくことなんだと思う。
それがせめてもの恩返しなんだと思う。

どうぞ安らかに眠って下さい。
そして、天国から見守っていて下さい。


posted by Coju at 22:01| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。