2005年05月29日

アグファ破産

IMG_2308b.JPG

写真を撮る者にとって、また残念なニュースです。
昨日の日経新聞に「独アグファ破産手続き申請」の記事を見つけました。
これ、世界3位のフィルム・メーカーまでが潰れるという事態です。
写真の急速なデジタル化に押された結果こうなったわけですが、銀塩フィルムをメインにしている自分にとっては、とても痛い話です。

英イルフォード社は、なんとか会社再建に向け目処がついて、とりあえずはなんとかなっている状態ですが、これとて、いつどうなるかわかりません。
実際、イルフォードのモノクロ・フィルムは「需要の減少」という理由で、先般値上げしました。

アグファ。
とはいえ、僕はアグファは、あまり使っていませんでした。
モノクロのバライタ・ペーパーがたまにと、ダイエーのPBブランドのカラー・フィルム(笑)ぐらいかな。あれアグファ製だった。

マイケル・ケンナ氏と話したとき、彼はアグファよく使うって言ってましたが、あれは恐らくISO25のモノクロ・フィルムのことなんだろうと思います。
日本では手に入りません。というか、少なくとも僕は見たことがありません。
モノクロで見かけるのは一般的なISO100と400の2種。
ああ、それと唯一のモノクロ・ポジ「スカーラ」があるわ。

カラーの人は(アグファ破産は)痛いでしょうね。
人気の写真家、蜷川実花さんの使用やロモ愛好家に人気のあるネガ・フィルムはどうなるんでしょう?
「アグファ・ウルトラ」のビビッドな色なんて、他のフィルムじゃ再現できないでしょうに。

今日の写真。
芝桜をモノクロで・・・という自分も、これデジタルです(^^;
急速にデジタル化している、というのは自分にも当てはまります。
特に、イクシ・デジタルを使い始めてからは、カメラはこれ1台で十分というぐらい。
なんたって、自分の写真のほとんどはPC画面でしか見なくなったし。
であれば、画質がどうのとか、諧調がどうのなんていうのは、ほとんど関係のないことですしね。


posted by Coju at 13:10| Comment(10) | TrackBack(1) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。