2005年03月28日

カラーで撮るとこうなる

IMG_0206c.JPG

美瑛の有名な木、「哲学の木」です。
「Trees in White」にこれのモノクロをアップしていますが、これは同じときに撮影したカラーです。
デジカメなので縦横比が3:4ですが、スクエアにトリミングしてみました。

色情報があると、いつ撮ったものなのかが、わかりやすいと思います。

撮影したのは、夜明け。
丘の向こうに、いままさに朝日が上がらんとしています。
この時間帯、モノクロで撮ると、空の淡い感じが綿のような質感になって、とても好きです。

ただし、寒いです(爆)
指先と足先が寒さで痛くなってきます。
posted by Coju at 22:00| Comment(5) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月27日

ブログ名変えました。

IMG_1137b.JPG

ブログはじめてみて、タイトルと内容があまりリンクしていない気がしたので、タイトルを変えました。

リンク先の方にはご迷惑をお掛けしますが、変更をよろしくお願いします。

新しいブログ名は「午後のアトリエ」。

今までの「Liberty City」より、ライトな雰囲気になったでしょ?(笑)

僕の夢の1つである、アトリエを持つこと。
・・・リアルなアトリエを持つのは厳しそうなので(爆)、PCをヴァーチャルなアトリエに見立ててみました。

ただ、ブログ自体はいじってないので、URLはそのままです。

ほんとはブログサービスも引越そうかと思ってるんです。
なにしろ、ここのブログ、デザインがダサダサだから。
ただ、その他の部分は結構使いやすいんですよねえ。
どこも一長一短なんです。正直なところ。
だから、もうしばらく様子を見て、テンプレートに改善が見られないようだったら、乗り換えるかもしれません。
そうなったらまたお手間とらせるかもしれませんけど、よろしくお願いします。
posted by Coju at 17:32| Comment(7) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月26日

「表現」って、なんだろう?

IMG_1134a.JPG

3月24日の日記「自分の写真ってなんだろう?」にコメントをいただいたりして、改めて考えました。

「表現」って、なんだろう?

確かに、写真に限らず絵でも音楽でも、芸術は全て模倣から始まっていると言えるかもしれません。

ゴッホや印象派の画家達が、日本の浮世絵を模写しまくったこともそうでしょうし、ピカソがいなかったら岡本太郎は存在していないかもしれない。

ミュージシャンは、憧れのミュージシャンをコピーすることで演奏力を身に付けるし、写真も同様。

写真家で言えば・・・あのブレッソンでさえ、アンドレ・ケルテスの影響を如実に感じるし、アジェとブラッサイがいなければ、マイケル・ケンナは成り立たないでしょう。

自分も・・・多くの写真家から影響を受けることによって、それらが融合し、自分にとっての「いいとこどり」が自分の作風を作り上げていくのかもしれません。

そういう意味では・・・例えば音楽の場合「ルーツに遡れ」と言います。
自分の憧れのミュージシャンが、どういう人の影響を受けているか、さらにその人はどういう人の影響を受けているか・・・と手繰っていくと、そこから表現の源泉や本当のスピリットが見えてくる、というものです。

たまには、過去の偉大な写真家を紐解いてみることも必要なのかもしれませんね。
そして、いざ写真を撮るときは、自分の内からこみ上げてくる感性に逆らわずにシャッターを切る、ということでしょうか。

因みにアジェもケルテスもリーズナブルな写真集(Mastes of Photography Series)が出ています。

Eugene Atget

Andre Kertesz


今日の写真。
今日は大粒の湿った雪が降ってて、時折かなり吹雪きました。
レンズの表面は、あっという間に雪で覆われてしまうので、ブロアーで雪を飛ばした瞬間にシャッターを切る、という撮影でした。
posted by Coju at 22:58| Comment(4) | TrackBack(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月25日

軌跡

IMG_1117b.JPG
撮影地:札幌市

今日は、突然真冬に戻ったみたいに寒くて、雪が降って、おまけに風が強かったです。
午後、ものすごい吹雪になって、そのとき外にいたので辛かったです。

が、こういうときにしか撮れないものもある。
街路樹が吹雪でホワイト・アウトしていくさまは運転中で撮れなかったけど、途中で立ち寄ったコンビニでは、駐車場で、綺麗な車の軌跡を撮ることができました。
・・・車の軌跡。
Photo Gallery - K's tonesの中にも車の軌跡を撮った作品があります(あれもコンビニ(笑))が、軌跡が綺麗に見えるのは、雪が全くない状態から一気に積もり始めたときしかないんですよね。
posted by Coju at 21:47| Comment(0) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月24日

自分の写真ってなんだろう?

IMG_0611b.JPG
撮影地:江別市

「自分の写真ってなんだろう?」って、よく考えます。
というか悩みます。

「あなたの写真は何ですか?」と聞かれたら、一言で言えるんだろうか?
・・・自分の美意識ってなに?
それに対して確固たるものがあるのなら、それを他人にきちんと伝えられてるんだろうか?

写真とは、失敗の連続で、成功は単なる偶然ではないのか・・・とか。

今までに見たことのない表現手法である必要はないのかもしれないけど、あらゆる写真を並べたときに「これが僕の写真」って、他人がきちんと指をさせることって、非常に大事だと思う。
ただ、難しいのは、単に「僕の写真だ」ってわかればいいっていうことだけでもないこと。
見た人に、どう感じてもらえるか?
どれだけ深く共感してもらえるか?

北海道に来て、風景ばかり撮ってて、結局被写体の良さに助けられていないか?
「こういう表現がしたいんだ」って撮ってるハズなのに、そうなっていない写真がある(というよりほとんどの写真がそうなっていない)のは、何故か?
そもそも自分の言う「表現」っていうのは、一本筋の通ったものなのか?

・・・写真って、難しいですね。
posted by Coju at 22:34| Comment(4) | TrackBack(0) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月23日

上富良野

IMG_0316a.JPG

一面が雪に覆われる畑。
今の時期は、融雪剤を撒いているんでしょうか?
それはそれで、また面白い模様になったりするみたいです。

もうすぐ冬も終わりです。
道路はアスファルトが顔を出してきました。
posted by Coju at 22:39| Comment(6) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月21日

WRCにF1

今日テレビでWRCの第2戦スウェーデンと第3戦メキシコやってました。
開幕戦は誰が勝ったのか知らないけど、2戦、3戦とスバルのペター・ソルベルグが優勝。
スウェーデンは雪道なのに、なんで皆あんなに速く走れるんですかね〜(笑)

F1はまたもルノーの優勝。トヨタは初表彰台でよかった、よかった。
ただ、今年のレギュレーションの変更は、わかりにくいし、いやだなあ。


今日は時間ないので、ノー・フォト。
posted by Coju at 23:16| Comment(0) | TrackBack(0) | car | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月20日

F1第2戦マレーシア・グランプリ

IMG_1070a.JPG

今日、決勝が行われます。
佐藤琢磨は、発熱でダウン。残念。

予選ではトヨタ勢が健闘して、トゥルーリが2番手。
フェラーリがTOP10にも入れないという大波乱?

いずれにせよ、フェラーリのポール・トゥ・ウィンみたいなボーリングな試合にならなそうで期待できます。

さて、誰が勝つのか?

↑の写真はF1とは関係ありませんが、「車」ということで(^^;
posted by Coju at 21:03| Comment(7) | TrackBack(1) | car | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月19日

マイケル・ケンナ レトロスペクティヴ2

IMG_0824b.JPG

マイケル・ケンナの新作写真集が届きました。

「レトロスペクティヴ」以降の作品の集大成的な写真集なので、他の写真集や彼のウェブ・サイトで見たことのある作品が多かったですが、やはり中には初めて見る作品もあって、しかも好みのがあったりして、かなりお買い得というか、満足度の高いものでした。
また、この写真集の中には、自分の所有する作品も載っていてニンマリ(^^)

写真集を見ていると、彼が日本に特別な思いを抱いているのが良くわかりますし、見ている人も彼の求める美と日本の美が、極めて近しいと感じていることもわかりました。

今年の11月には北海道の写真集も出すようなので、またまた楽しみです。

↑の写真は、彼の今回の写真集や写真集「日本」にも掲載されている弟子屈の同じ場所で撮ったものです。
北海道を旅していて思うのですが、彼が撮影しているところは、かなり「それらしい」ところです。
よくもまあ、こういう撮影ポイントを効率よく見つけられるなあと関心しきりですが、それは恐らく日本のコーディネーターがきちんとロケハンしているんでしょう。
琵琶湖のときもそう感じましたし・・・彼らの確かさもすごいと思いました。

ただ困ってしまうのは、日本の写真をどんどん発表されてしまうと、その後やりにくくなる、ということです(^^;
同じモノクロのスクエア・フォーマット。
アプローチの仕方は異なるにしても、当然「〜風」という言葉がついてまわります。
だから日本での撮影はこのくらいにして、アジアなど新たな地の作品を発表してほしいものです、ね、ケンナさん(笑)


マイケル・ケンナ写真集

レトロスペクティヴ2

日本

20イヤー・レトロスペクティヴ
posted by Coju at 22:30| Comment(5) | TrackBack(1) | art | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月14日

ホワイト・フォト

clip0501biei02b.JPG

Trees in White, Biei. 2005 ついに完成、アップしました。

・・・冬の美瑛の丘。
真っ白なキャンバスに一本一本、木を描くようにシャッターを切りました。

白黒写真ならぬ、ホワイト・フォト。
どうお感じになるでしょうか?

今日のホワイトデーにちなんで、日ごろ僕の写真を見てくれている全ての人に、感謝の気持を込めて贈ります。

Trees in White, Biei. 2005
posted by Coju at 21:23| Comment(11) | TrackBack(1) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月13日

この冬最後の美瑛

IMG_1107b.JPG

北海道の冬の写真、お待たせしてしまってすいません(^^;
ほんとはこの週末で作業を終わらせてアップしようと思ってたんですが、僕好みの天気になりそうだったので、またまた美瑛に撮影に行ってしまいました。
なので写真のアップは、もうしばらくお待ち下さい。

この冬4度目の美瑛。
恐らくこの冬としては美瑛に行くのは最後になると思います。
もう3月中旬というのに、朝の気温は−13℃。
ただ同じ気温でも極寒のときより何故か体感は確実に上がっていて、撮影中はほとんど寒さを感じませんでした。
これって、寒さに慣れてきたってことでしょうか・・・

今回は十勝岳温泉に行きました。
山の上にあるこの温泉、積雪の中、車がスタックしてしまい、初めてスコップで雪かきをしての脱出となりました。

宿泊は前回も泊まった上富良野。素泊り3,900円。
「北の国から」のビデオを無料で貸し出してくれるので、部屋で観てしまいました(笑)
posted by Coju at 22:50| Comment(6) | TrackBack(2) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月10日

Coming soon

clip0501biei28b.JPG

これは予告編(^^)

この冬の写真、もうすぐアップ予定です。
今回はテーマを決めて作成してます。
北海道の冬の素晴らしさ・・・いままで見たこともないようなイメージをお見せできたらと思います。
乞うご期待!!
posted by Coju at 22:32| Comment(11) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月08日

何が写っているか判りますか?

IMG_1052a.JPG

これ、なんだか判りますか?

ゴマフアザラシです。

稚内の南にある抜海という港で見つけました。

ゴロゴロ横たわっているものや、氷の間からヒョコヒョコ顔を出すもの、氷の上を滑っているものなど、なんとも可愛らしいです(^^)
posted by Coju at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月06日

風紋

IMG_1019a.JPG

撮影地:宗谷岬 CANON IXY DIGITAL 50

日本最北の地、宗谷岬は海からすぐに地面がせり上がって高台になっているのですが、風が強いので、風紋ができていました。
posted by Coju at 23:05| Comment(2) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月04日

クッチャロ湖

IMG_0995a.JPG
撮影地:クッチャロ湖 IXY DIGITAL 50

クッチャロ湖はバードウォッチングで知られています。
湖は一部を除いて凍っていて、静かな湖面に白鳥がいっぱいいました。
・・・と思ったら観光バスがやってきて、途端ににぎやかになってしまったので、そそくさと退散しました。

デジタルカメラには白黒モードというやつがあることを教わりました。
ボタン1つでカラーになったり白黒になったり・・・便利ですねぇ(笑)
posted by Coju at 22:48| Comment(0) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月02日

おだやかな風景

IMG_0987a.JPG

夏に名寄まで来ましたが、それより北は今回が初めてです。
旭川と稚内の中間ぐらいに、音威子府という町があります。
音威子府は昔、雑誌の旅行記で見て、行ってみたいなあと思っていたんですが、実際に来て見ると、晴れた天気ということもあって「厳しい冬の町」というより、のどかな感じがしました。
ここはお蕎麦も有名で、立ち寄った音威子府駅では、列車を待つ人の多くが「駅そば」を食べていました。
もちろん、僕も食べました(^^)
写真はその手前、美深付近の風景。
天気が良いと、こんな風におだやかな風景が現れます。
ただし、ここから先は地吹雪の警戒地域となります。
posted by Coju at 23:00| Comment(2) | TrackBack(0) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。