2005年01月30日

アイスドーム

アルファ・リゾート・トマムに行ってきました。
といってもスキーにじゃありません(^^;

トマムに今、夜になるとアイスドームという氷の国ができあがっているのです。

アイスドームというのは、他の雪祭りのオブジェなどとは基本的に作り方が違って、まず巨大なバルーンを膨らませて、その表面を水で覆って凍らせ、最後にバルーンの空気を抜いて取り出すというやり方です。
従って、一般的に見られる骨組みのようなものは一切ありません。
これもトマムという北海道の中でもかなり寒い地域だからできる芸当なのでしょう。

予想していたことですが、これはアルファ・リゾート・トマムの企画なので、地域の雪祭りと違って、洗練されています。
北海道は、何についても概ね洗練度が低いのが難点ですが、これならOK出せます。

この氷の国の中にはアイス・バーや氷の教会、氷の迷路もあって、素敵です。
アイス・バーでウォッカをキュッとやったのは、言うまでもありません(笑)

またトマムは、建築家・安藤忠雄氏の「水の教会」があることでも知られています。
今は雪で覆われていてちょっと期待はずれでしたが、新緑のころなどは素敵だろうなあと思いました。

宿泊はスキー場が一望できるここの超高層ホテルの32階。
部屋には大きな窓があって、しかも広い。
2食+アイスドームの入場券がついて一人1万円。
希望すれば、夕食をリフト券に変えることもできます。
泊まっている人は99%以上スキー客ですが、そんなこと気にしない気にしない(笑)

IMG_0500b.JPG
posted by Coju at 21:34| Comment(3) | TrackBack(1) | travel | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月27日

雪道

雪が降った後の雪道を歩くのが好きです。
自分の息遣いが大きく聞こえるような、静けさ。
サクッ、サクッと踏みしめる音と感触。
気温は低いのに、何故か感じる雪の暖かさ。
木々に積もった雪が、突然バサッと落ちて舞う、雪煙。
日が照るとキラキラと輝くダイヤモンド・ダスト。

シャッターを切るときの気持が、いつもより清らかになる気がします。

IMG_0183b.JPG
posted by Coju at 21:12| Comment(0) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月24日

冬季通行止

除雪しないと、こうなります。

IMG_0203a.JPG
posted by Coju at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月23日

積もる雪

昨日から今日にかけてまとまった雪が降りました。
札幌では、5年ぶりに積雪が1mを超えたそうです。

一度降ると、雪は解けないので、どんどん増えていきます。
雪が降る様を見ているのは飽きないんですが、雪かきをする人は、本当に大変なんだろうなあと思います。
僕のマンションは「除雪フリー」なので、雪かきの必要が全くないのが助かります。

↓の写真は、家の窓越しから撮った外の様子です。
雪が高く積もって、道も見えなくなってしまっています。

IMG_0446.JPG
posted by Coju at 21:28| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月22日

温泉天国

北海道は、全国で最も温泉の多い都道府県です。
もう、そこらじゅうに温泉があります。
しかも源泉100%かけ流しが非常に多い。

温泉。
特にこの冬の寒いときに、雪を見ながらの露天風呂は格別だ、ということが北海道に来てわかりました。

ここ2週白金温泉に入って、すっかり温泉モードになっていたので、今日も「温泉入りたいなあ」って思って、お昼にラーメンを食べに行ったあと(笑)、定山渓温泉に行ってきました。

定山渓って、なんと札幌市内なんですよ!
札幌市南区。
ウチからわずか30分ほどで行けます。
政令指定都市に温泉が(しかもかなり大規模な)あるなんて考えられます?
しかも湯量も豊富で湯質もいい。
日帰り入浴600円。
スーパー銭湯に行く感覚で本物の温泉に行けるなんて、素晴らしいです。

IMG_0168b.JPG
posted by Coju at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月21日

いまどきデジカメじゃないの?

今日仕事で、得意先を招いてのパーティでの写真係を頼まれたので、GR1を持っていって、得意先の方と自分の会社の役員との記念撮影などをしたんです。
会場で「せっかくですから、みなさんで写真どうですか?社長も入って下さい」なんて声をかけてカメラを構えた途端、この一言。

今や「カメラ」といえばデジタルなんですね。
この一言に、隔世の感がありました。

もちろん、予備にデジカメも持ってましたよ。
でも、プリントして渡すんだから、フィルムの方が楽だろうと思ったんですが・・・

で、こっちはこっちで、撮ろうとして、液晶画面を覗くがごとく、カメラを顔の前に持っていったりしてしまいました(爆)

IMG_0156b.JPG
posted by Coju at 21:19| Comment(5) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月20日

マイルドセブンの丘

ちょっとベタな写真ですが、美瑛の人気スポット、マイルドセブンの丘です。
この写真は日没後、暗くなるまでの間に撮ったものです。

誰が撮っても同じアングルになる場所なので、個性を出すのは難しいです。
撮影時間を選ぶとか、何度も通って良い背景を捉えるとかしかないんでしょうね。

それに、いつ行ってもカメラマンが何人かいます。
道は雪に埋もれて(冬季通行止め)車は入れませんが、みんながちゃんと足で踏み固めて道を作ってくれているので、撮影ポイントまでは長靴で難なく行けます。
ベタな写真をあまり撮っても仕方ないんですが、この辺は周囲もいいポイントがたくさんあるので、ついこの前を通ると「とりあえず撮っておくか」ということになります(笑)
マイルドセブンの丘050108
posted by Coju at 21:58| Comment(2) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月16日

またまた美瑛に

2週連続で美瑛に行ってきました。
というのも、金曜の晩に天気予報を見ていたら「日曜まで晴れ、かなり冷え込むでしょう」とのこと。
「これは霧氷が見れるかもしれない!」と、急遽撮影を決めました。
こんなにいきなり決めても行けちゃうのが、札幌のいいところ。
1時間ほどの仮眠をとり、2時に起床。
3時間のドライブで、夜明け前に美瑛に着きました。
そして、夜明け。
気温は−20℃。
凍てつく寒さの中、一面の樹木に、霧氷がついていました!
撮影中、近所の人らしきおじいさんから「朝早くからがんばるねえ。今日は、霧氷がすごいねえ」と声をかけてくれるぐらい、見事な霧氷でした。

丸一日撮影して、またしても(笑)白金温泉へ。
当日予約でもなんとかなった激安宿泊プランでしたが、宿も温泉も食事も大満足。
これで3軒ある、白金温泉の宿は、全て制覇しました(笑)

今日(日曜日)は、朝−22.5℃。
「しばれる」というのは、こういうことを言うんだなって、実感できました(笑)
寒すぎて指先に痛みが走り、長時間撮影するのは困難な感じです。
体は、着込んでいるので寒さは耐えられるのですが、とにかく指先と足先が辛い。
もちろん、今までに経験したことのない寒さです。
一ヶ所での撮影は短時間にとどめ、すぐに車に戻って(こうすると指も足も楽になる)撮影ポイントを変えることを繰り返しました。
寒さで露出計は完全に作動しなくなりました。が、カメラは無事動きました。
それに昨日は見れなかった朝焼けも見れて、またまた感動の風景との対面です(^^)

前回、今回の撮影で感じたのは、北海道は「冬がいい」ということです。
もちろん、四季を通して素晴らしいのですが、この雪景色は、ちょっとお目にかかれなのではないでしょうか?

日没の美瑛の冬道
posted by Coju at 18:32| Comment(2) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月14日

2004年のBEST10

毎年恒例の?去年買ったアルバムのベスト10をアップしました。
今回のは、ソウル、ファンク、AOR、ジャズ、ロックと、結構幅広い顔ぶれになりました。
また去年はヤフオクで、捜し求めていたアルバムをゲットしたりもしたので、紹介しているアルバムの中には入手困難なものも含まれていますが、あしからず(^^;
↓をクリックしてもらうと、直接飛べます。

Private Best Buy 2004

・・・さて、↓の写真は桂沢湖から富良野に抜ける道でのひとコマ。
アストラ君も寒々しく写ってます。
ただ、今回感じたのは、FF車でもそれなりに走れるんだなってことです。
4WDじゃなきゃ雪道はダメ、と聞いていたんですが、気をつければFF車でもなんとかなりそうです。
もっとも発進時のトラクションなんかは、4WDの比ではなく、滑りまくりますが・・・
アストラ君のスノー・モード+トラクション・コントロールを駆使しても厳しいですね、確かに。
アクセル・コントロールに慎重さが求められます。

アストラ雪道
posted by Coju at 21:43| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月10日

冬の美瑛・富良野

美瑛、富良野に行ってきました。
あたり一面が真っ白なのは言うまでもありませんが、雪が降ると、空も道もみな真っ白になるので、車で丘を走ると、まるで空を飛んでいるかのような錯覚に陥ります。
この美瑛や富良野の真っ白な丘の美しさは、とても言葉では言い表せません。
幻想的で・・・
雪の中の風景は、美術館の白い壁にかけられた風景画を見るようでした。
この雪景色が見れるのなら、寒さなど、全く苦になりません。

美瑛1
posted by Coju at 14:20| Comment(5) | TrackBack(0) | photo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月07日

明日は美瑛に

明日から一泊で、美瑛に撮影&白金温泉に行ってきます。
でも今晩から、かなり天気が荒れるみたいなので心配。
それに、無茶苦茶寒くなるみたいな雰囲気。
一応、完全防備で行きますが、大丈夫かなあ。
長靴は持っていくんですが、カンジキなんて持ってないし(笑)

撮影機材はどうしようかな?
寒さによる急速な電池の消耗に備えて、電池無しで動くやつを持っていこうか・・・
そうなるとハッセル?
で、実際持って行くと、露出計が電池切れしたりするんだよね(笑)

有島武郎記念館
posted by Coju at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月06日

TAXI 2

今日、テレビでこの映画見ました。
初めてじゃないけど、好きなのでつい見ちゃう。

この映画はフランス映画で、どうしようもなく馬鹿馬鹿しいコメディなんだけど、フランスらしいというか、エスプリが効いていて面白い!
ハリウッドには絶対真似のできない笑い。
これは、正に現代版「ピンクパンサー」です。

それにパリのパッシーの橋のところでカーチェイスなんかもあったりして「ここ行った、行った〜」なんて、旅行気分に浸ったり(笑)

笑いの質ということでいえば、「ビーン」なんかもそうですね。
ハリウッド版のビーンを見たとき「アメリカ人のビーンの解釈ってこうなんだ」っていうか、あのシニカルさが見事に消えてて、最後ハッピーっていう、ハリウッドお決まりの展開になっててガッカリした記憶があります。

あっ、写真は使いまわしで申し訳ないですけど、タクシー繋がりっていうことで・・・

taxi
posted by Coju at 23:57| Comment(0) | TrackBack(0) | movie | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月05日

北の国から

お正月にテレビで「北の国から」の再放送をやっていました。
6時間に渡る長編だったので、ビデオにとって、わけて見ました。
今までいろんな人から、この番組の良さを教えられてきたのですが、いまひとつきっかけがなくて、見たことありませんでした。
しかし、せっかく北海道に来たのだから、富良野が舞台のこの番組を見ておかねばという思いで、ようやく見ることができました。

今回放映していたのは、シリーズ最終作の「2002年遺言」でしたが、今までの流れは伝え聞いていたので、内容は理解できました。
登場人物はみな貧しく、見ていてしんどい部分もありましたが、最後には心温まるというか、純粋な気持にさせられる、そんな爽快感があって、誰もが薦める理由がわかった気がしました。

今週末、美瑛、富良野周辺に撮影に行く予定です。
それまでにこの番組を見れたので、富良野に行ったときの感動が、今までのそれとは違ったものになるであろう期待感で、ワクワクします。

西岡公園2
posted by Coju at 23:32| Comment(0) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年01月01日

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

さっき東京から札幌に戻ってきました。
東京も雪で「なんで〜?」って感じでしたが、こちらの気温は−15℃!
寒さのレベルが違いました。
ただ、新千歳空港では外に出た途端、心から冷えるほど寒かったのに、雪の中だと不思議と寒く感じないんですよねー。
家の中も寒くないし・・・むしろ実家の方が寒かった。

帰りの飛行機はガラガラ。羽田には結構人いたんですけどね。

さて、今年はどんな年になるでしょうか。
この一年が、みなさんにとって素晴らしい一年でありますように!

羽田2005元旦
posted by Coju at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | diary | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。